×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心と身体に悪い一日の巻

【#3 ネタ食品のびっくり博覧会】

●ポーションもずいぶんネタだったんですが。
 それ以外の、本日のメインイベント。ゲストと天舞が用意したネタ食品を、3人で分け合って食べてみました。
 天舞の個人的嗜好で、不味さを★マークで表してみました。


いかチョコ(4種類)

 

 手前から、いかチョコ(ノーマル)、いかチョコ(ホワイト)、いかチョコ(カレー)、いかチョコ(レッドペッパー)。
 このダメな集まりを開催させることになった原動力というか元凶というか。

 1箱に5袋入ってます。
 ものは名前が示すとおり、裂きイカにチョコレートをコーティングしたシロモノ。

 いかチョコ(ノーマル):チョコがコーティングされた裂きイカ。チョコの甘みと裂きイカの風味がハーモニーを醸し出すことなくぶつかり合い、結局裂きイカがすべてに勝るというよく分からない食品。
 レベル:★★★☆☆(レベル3)

 とりあえずこのいかチョコ(ノーマル)をすべての基本としました。


 いかチョコ(ホワイト):ホワイトチョコがコーティングされてるので、見た目には普通に裂きイカです。
 ――が!
 味は超弩級! 濃厚なホワイトチョコのおかげで、裂きイカの風味とものの見事に喧嘩し、信じられないくらいの怖ろしい味に! おかげで3人ともギブアップ。今回の集まりで1・2を争うヤバさでした。
 レベル:★★★★★(レベル5)


 いかチョコ(カレー):匂いはカールのカレー味。ゲストの一人であるtotoは「これはだめだ!」と一袋食べて呻きましたが、カレーが割と好きな天舞は問題なく食べられました。カレー粉の風味が逆に裂きイカの風味を潰してくれたおかげで大丈夫。
 レベル:★★☆☆☆(レベル2)


 いかチョコ(レッドペッパー):前の3つがどぎついせいなのか。不味さに舌が麻痺したのか。これは割と食べられる。
 や、そりゃ普通のお菓子と比べたら絶対ヤバい味ですよ? でもパッケージのデザインからくる先入観から考えたら大分マシ。
 レベル:★☆☆☆☆(レベル1)


 ――ちなみに更新している自室なんですが、このいかチョコの臭いがまだ残っていて、その臭いが味を想起させるのですよまるでパブロフの犬のごとく。
 うがー口中にあの風味がー! きー!!


め・グミ

 

 すこぶる悪趣味な一品。中国産らしいのですが、なんと輸入元はいかチョコと同じタクマ食品! この会社はいったい何なんでしょうか。
 味は極悪! 天舞はダメです臭いがきつすぎます。欧米系の身体にすこぶる悪い味と色をした食品ぽい物体と同じ風味がします。
 しかもグミなので弾力があって、さらに臭いがぎゃー!!
 ちなみに白目の部分と虹彩の部分をばらして食べたゲストによると、虹彩部分はフルーティな味とのこと。
 でも大部分は白目で、その白目の部分がすこぶるくさマズイのですよー。
 レベル:★★★★★(レベル5)


麦焼酎チョコレート

 

 普通にウィスキーボンボンの焼酎版。
 食えます。
 天舞はどうしても耐えられなくなったときの口直しに食べてました。
 レベル:★☆☆☆☆(レベル1)


カレーチョコレート

 

 totoがわざわざ横浜カレーミュージアムまで行って買ってきたチョコレート。
 大きさは板チョコ一欠片くらいのサイズ。
 だが。
 だがこの小さなチョコが。
 とんでもなくマズイ!!
 カレーの匂いはするのにカレーの風味はしない(いかチョコカレーとこの点が違う)、そして甘しょっぱ苦マズイ。
 というよりごめんなさいあまりの不味さに味をほとんど覚えてません。
 ともかく強烈に不味かったという記憶だけが頭に残ってます。

 ところで。

 

 カレーミュージアムの人は、チョコレートにでんぷんを入れる必要性を、菓子折り持って天舞のところに説明しに来る義務があると思う。
 レベル:★★★★★(レベル5)


がごめキャラメル

 

 最初食べたらすごく不味いと思いました。昆布の磯臭さが舌にぐんにょりと絡みついたような気がしました。
 でも2個目はそんなに不味くないと感じました。
 というより、他のネタ食品のダメさ加減があんまりだったからかもしれません。
 ちなみにゲストのお二方は不味くないとおっしゃってました。
 でも帰り際、舌がまともに戻ったころにもう1個食べたら「あ、不味いかも」と言ってました。
 レベル:★★☆☆☆(レベル2)


わさびチョコ

 

 他のがヤバすぎたおかげで、ちょっと山葵の風味がするような気がしないでもない微妙なミルクチョコにしか感じなかった。
 一緒に写っている青いポーションゼリーのほうが、どれほどヒドイ味だったことか。
 ……というより、一番最後に食べたおかげで不味いのかそうでないのかも判断できてないのかもしれない。
 レベル:★☆☆☆☆(レベル1)


 ともかく。

 全部平らげるのに、怖ろしいくらいの体力を使いました。
 食べ終わったあとの我々の口数の少ないこと。
 そして考えたくない総カロリー数。

 ちなみに美味しい美味しくないは別としてチョコレートを一品ゲストが作ってきたのですが、ちとそれはこのサイトの性格上掲載することができません。今日参加した人だけニヤニヤしてください。
 totoさんは1こ平らげてお帰りになりましたがテニスボール並みのホワイトチョコの塊だったので食した直後は呻いて横たわってました。

 私の部屋にも手付かずで1こ残ってます。
 果たしていつ食べよう……?


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX