×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心と身体に悪い一日の巻 EXtra

【そんな予定はない!】

●当初は、別にふつーに会うだけだったはずなんですが。

 どういうわけか。

 待ち合わせ時間のやりとりをしたメールに、なにやら不穏当な何かが撮影された添付写真がくっついてました。


  


 ――何でそうやってネタを持ってきますか。


 ということで、意味もなく集まってしまった胡散臭い菓子と飲み物を撮影したので載せてみたりするわけですよ。

 せっかくなので旅行で使ったデジカメで撮影したのですが、ああ画素数が何て無駄なんでしょう。LumixのDMC-FX30も、720万画素をこんなシロモノ撮影のために使われるとは思ってもいなかったに違いない。
 しばらく使ってなかったので、フラッシュをたかずに撮影する方法とか忘れちゃったので、撮った写真が全部フラッシュの光でハレーション気味ですがその辺はご勘弁を。


●まずは飲み物編。

  

 写メに写ってたカレーラムネ。もらい物だそうです。わさびラムネもあるんだとか。製造元の会社は他にもなんかいろいろ作ってるみたいです。
 飲んでみると、後味カレー。風味カレー。
 というよりむしろターメリック=ウコンなんですが。後味の悪さはウコン茶ハイで経験済みだ!


  

 ペプシが暴走して発売した例のアレ。キューカンバー。

 まあ、すでに先日のFMM総会で飲んでいるのではありますが。
 きゅうりの青臭い香りに、味のよく分からないただただ甘ったるい味が加わり、やっぱ美味しくないなあ、と。

 しかし前述のカレーラムネにしろ、このキューカンバーにしろ、グラスに注いだ色はすこぶる綺麗なんだよなあ。
 何でしょう、清涼飲料水はグラスに注いだときの色と、飲んだときの味は反比例でもするんでしょうか。


  

 ハイチュウドリンク。
 これも先日のFMM総会のとき、地雷を踏むのが妙に好きになった壬鉄が買って飲んでたシロモノ。
 そんときは奴しか飲んでませんでしたが。

 飲んでみると、確かにハイチュウの味。そしてくどい。

 森永は何を考えているのか。


●続いて食べ物、というか全部チョコ。

  

 ペペロンチーノチョコ。
 イタリアのチョコらしいです。
 持ってきた人は「ペペロンチーノなのになんでニンニクの風味がしないの!」とご立腹でした。まあ確かにスパゲティのペペロンチーノはニンニクと唐辛子が基本ですが、正式名称はスパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノで、ペペロンチーノは唐辛子(アーリオがニンニク)だそうなので間違いじゃないみたいですよ。

 味は普通にチョコ。
 でも飲み込むと喉が熱い。で、ちと辛味。そんな感じ。
 チョコ自体はビターでおいしいのですよ。


  

 スパイシーアーモンドチョコレート。
 これを買うためだけにコンビニをハシゴされてもなあ。
 まあ、正直普通のアーモンドチョコ。チリな味もペッパーな味もほとんど感じませんでした。さすがにお口の恋人ロッテ、まずいものは市場に出さなかったようです。

 でも正直に言おう。酒のつまみには合わない。間違いなく。
 基本的に甘いものとお酒は合わないと思うのです。まあ、天舞の個人的嗜好なんですけど。

 ところで塩チョコってのが世間では流行ってるらしいんですがホントですか?


  

 千葉県なのに夕張メロン? なキットカット。
 ご当地ものというわけじゃなく、販売元のネスレが財政破綻した夕張市を支援するために販売してるんだとか。

 うちの財政も支援してくれよ。
 や、破綻してないけどさ。

 味はとても……メロンです。人工くさい方の。
 あとチョコ部分がマーブル模様でした。見た目は綺麗でしたよ。見た目はね。


●とりあえず全部食して、飲んでみて、感想。

 パンチが効いてませんでした。

 まずくもなく、美味しくもなく、びみょん。や、まずくても困るんですがね。


 また偶然が重なって写真撮ってもいいくらいのネタものが集まったら突発的にやるかもしれません。


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX