×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―雑記― 2003.7

▼2003.7.31

●棚卸中に思いつく。

 「さあどうした? まだ棚を2本スキャンしただけだぞ。人員応援を出せ! スキャンを開始しろ! 商品を手にとってJANコードをこすれ! シートを出力してチェックを受けろ! さあ夜はこれからだ、棚卸はこれからだ! ハリー! ハリーハリー! ハリーハリーハリー!」

 我ながら馬鹿馬鹿しいモノを思いついたもんだ。


●更新の間があいてしまってゴメンナサイ。
 というのもここ数日本気で体調がよろしくなくて、かなりキビシイ状況だったのです。

 まず棚卸があった関係で帰宅が遅くて更新できず。「まあいいや、後日更新しよう」と思っていたのですが。
 その日。腹痛で午前4時に目覚めてトイレに駆け込む。
 そこから下しッ腹ですよ。まるで水のような。
 下してるので栄養も取れません。栄養が取れないので疲労が回復しない、疲労しっぱなしなんで身体が休息を求める、お陰でだるさと眠気がひっきりなしにおそってくるのです。

 しんどいしんどい。

 そんなぼろぼろの体調で、棚卸翌日は雑誌の発売日。ところがどっこい、この日は他のコーナーが棚卸で、普段なもらえる応援メンバーがまったくもって期待できないという恐ろしさ。
 泣くかと思ったよ。ふふふふふ(まあ応援人員もらえたんで夜11時前に終わったけどさ)。

 そういえば応援に来た本体コーナーの同期が「俺は絶対本屋にならない」と愚痴を言ってました。何言ってんだよ、1回くらいだったらいいじゃんか。うちらは毎月この大フィーバー5回、小フィーバー2回やってるんだから。


●そういや雑誌の発売日にこの人がふらりと現れました。一番忙しい時間帯だったので話らしい話もできませんでしたが。あとレネゲイドウィルスは売ってません。ストレスという名の亜種は会社に蔓延してるから感染したけりゃうちの会社に入れ(私信)。


●寒い寒いと常日頃から通勤電車に対して愚痴をこぼしている天舞ですが、いい加減耐えかねて、ついに最終兵器を導入しました!

 その名はマフラー。

 7月だろうがなんだろうが知ったこっちゃありません。周りの人間の目も気にしないことにしました(そこまで切実なんだよ分かってくれ)。
 乗車後、首筋に引っ掛ける。

 ……うおお寒くない!!

 すばらしい。これでゆっくり座って眠って会社に行けます。
 つーわけで私のカバンの中にはマフラーが常備されてます。これから夏本番なのに。


▼2003.7.25

まあとりあえず、手当たり次第に2〜3人ズタズタにしていいですか?(挨拶)

 毎度のことながら疲れて荒んでる天舞ですこんばんわ。最近、ストレスという名のレネゲイドウィルスに侵蝕されっぱなしで、何のシンドロームにも目覚めていないのにもうジャーム化しそうな勢いです。

 もっと休みという名のロイスをくれ。いいからくれ。

 このゲームしらないと何のことだかサッパリですね。


●そういえば日々の戦争で磨り減った精神を休暇で回復するTRPGもありましたな。やはり社会人は熾烈な企業戦争を勝ち残るために戦う兵隊さんなのです。
 不毛の東京砂漠で砂塵にまみれアサルトライフルを構えながら(以下略)


●休憩中、何気なく菓子パンのクリームパンを食していて、ふと思う。

 中に入ってるフラワーペーストって、つまるところなんなんだ?

 分からなければ調べられるのがインターネットのいいところ。検索検索、ぽちっとな。

 ……をを! こういうことだったのか!

 フラワーと言うからどっかしら花に関係しているんじゃないかなどと思う英語能力に乏しい25歳。ゼンゼン関係ありませんでした(てへ)。


●うう。余力がない。寝ます。


▼2003.7.24

頭いた〜い。

 身体だる〜い。

 気持ちわる〜い。

 という状況になったのですが、責任者はお休みで一応コーナーのサブ責任者の私は帰るわけにもいかず、体調悪いんで早めに帰りたくても雑誌の発売日で帰れるわけもなく。会社を出たのは11時過ぎ、ほとんど死に体の状態で帰宅、飯だけ胃に入れてばたんきゅ〜。

 つーことで翌日が遅番ということもあり、出勤前に更新。昨晩風呂に入らなかったので朝入ったら、湯船の中で危うく眠りそうになりました。

 何だか分かりませんが疲れてます。

 背中から腰にかけて、ずーんと重たいのです。うー。
 熱を測ったらありそうななさそうな微妙な雰囲気なんだけど、体温計の数字を見て「うわ、いま××度あるんだ」と思っちゃうと余計具合が悪くなりそうなので測ってません。

 風邪かなぁ?
 周り中、みんな引いてるからなあ。


 何はともあれ、今日はもう少し余力を残して仕事したいです。
 何かまたレイアウト移動やるとかいう話だけどさ。


▼2003.7.23

●ふとしたことで、PCでネオンっぽい光に見えるような絵を描いてみようと試みる。

 実際このホームページに使われているロゴとかは、全部ホームページビルダーのバナーとか使いまわしたり変形させたりロゴ機能で作成したりと、それはもう楽をしまくっているわけです。いちから起こしたものは実は100%ありません。

 しかし所詮は支援機能。私はこういうのが作りたい! ってものがホホイとできるわけじゃないので、頑張ってみました。いろいろと。あれやこれやとやってみて。


 結論:私には無理です。


 Photoshopとかだと作り方のヒントみたいな本は出てるんだけどねえ。いかにもCGっぽいっつうか透過光っつうか、ともかくネオンみたいに黒の背景に光るようなオブジェクト、どうやったら作れるでしょう?


 ラクに作れるとありがたいんですが。


●実は今回、1日に2回更新してます。
 お陰でネタのないことないこと。

 つか、出勤日=仕事が終わってへろへろで更新どころじゃない。
 そして、休日=昼過ぎまで寝+ゲームなのでネタにすらならない。

 やはりホームページ管理者たるもの、何かネタになるような行動をすべきではなかろーか。
 一番手っ取り早いのは「××にチャレンジ」系。普通の人がやらないようなことをやってみて、そのイタさ具合を滑稽な文章でアピールしてみるというのが趣旨ですが――

 そんなチャレンジ魂ありません私。
 というよりチャレンジに精を出すほど余力残ってないです私。


 まあそろそろサイト開設1周年なので何か考えようと思う今日この頃。


▼2003.7.22

世間は3連休でしたが私は3連勤でした。


 特に最終日が疲れた。
 何だか分からないけどクレジットカードの裏面にサインをしたがらないクソ身体障害者。確認もせずお会計しちゃった奴も悪いんだけど、クレームに発展しそうだったのでそいつと交代してサイン求めたら「落としたときに第三者にサインが分かっちゃうだろ」とか何とかメチャクチャな理屈でサインを嫌がる。じゃあ取り消しますからカードもう一度出してくれと頼んでも、一回提示してるんだから取り消すのに何でカードがいるんだとご立腹(そりゃクレジット会計取り消すのにクレジット会社にその情報を送らにゃならんのだから要るに決まってる)。10分ほど説得して、ブチブチ切れられながらカードの裏面にサインさせる。
 ホントに疲れた。
 書籍の棚什器の平台の角に足をぶつけたとか言って文句をつけてくるイチャモン爺ぃ出現。履いていたズボンがほつれたから弁償しろとか言い出す始末。アホか! じゃあ何かキサマは歩いていて道端にあった小石に蹴躓いてこけて擦り剥いたら国土交通省に治療費請求するんかいな(そんなことでお金もらえるんなら、酔っ払ってスーツにカギ裂き作ってるうちの親父なんかスーツ何着も買えるわい)。自分自身の不注意を何でこっちが補償する必要があんねんな。第一どこをどう見てもズボン破れてもほつれてもいねえじゃねえかクソが。
 いろいろあったんですよ、ホントに。
 まとめ買いでクレジットカードの承認が必要になる。が、カードの持ち主、カードを登録したときの情報何一つ覚えてねえ。カード会社でなく銀行が発行したカードなので確認も「カード会社→銀行」の手順を踏むので時間がかかってかかって。しかも、お会計が終わった後に実は売価が間違っていることが発覚。カード会計取り消して正しい値段で打ち直し→また承認が必要、のエンドレス。1回のお会計でほぼ1時間。カンベンしてくれ〜!
 お陰で頭痛くなりました。





 何があったかはあえて語らない(でもこっそり語ってたりする)。


●で、送別会があって参加。終電なくなっちゃって、JRで帰りました。家について、倒れこむように眠る。

 12時間爆睡。

 やっぱ蒲柳の質の私には向かない仕事だなあ、今の仕事。


▼2003.7.19

●ここ数日、気温が低くていい感じです。

 なんだけどね。

 農家の方々はやれ雨が足りないとか日照量が足らないとか大変なのでしょうけれど。


●しかし朝が涼しいのにガンガンに冷房を入れる地下鉄はどうにかならんもんか。
 おかげで、

 寝起き=朝の気温の低さで体温が低く(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。
 通勤電車=ガンガンに冷房が入っていて(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。
 会社=館内に冷房が効いててやっぱり(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。

 という3連コンボを食らう羽目にあってます(註:怖くて震えてるわけではありません、念のため)。
 この間など、あまりの寒さに、着ているスーツを首元までずり上げて冷風から首を守りつつ、カバンで太腿の上をカバーしその下に両手を収めて冷気に耐えるなどということをせねばなりませんでした。夏なのに。
 これが朝の通勤ラッシュ時ではなく、もう少し時間が遅くなると冷房も止まってちょうどいい気温で眠っていけるのに。朝より気温が高いはずの帰りの電車なんか冷房どころか送風すらありません。おかしいって絶対。


●今日も今日とてぐったり寝&朝昼兼用のブランチ&ゲーム&読書&夕寝&晩飯というダメ休日を過ごす。つーかこういう休日を過ごさないと身体が持ちません。普通に休みの日に遊びに遠出する連中はタフだ。


●そういえば世間は3連休でしたっけ。3連休。
 まあ3連休全部出勤だけどさ天舞は。いいさ、他の連中が仕事でひいひい言ってる平日にグータラ休むんだ私は。うらやましくなんかないさ。うらやましくなんか……。


●突然この本を読み返したくなって本棚から引っ張り出す。いい作品だなあとほのぼのしつつ思う。いやあマラサイさんカッコイイわ。それにしてもZちゃんは変形するとちゃんとウェイブライダーになるんだろうか?


●CHEMISTRYの“Between the Lines”を何となく衝動買い。聞きながら更新。ちぇるし〜♪


▼2003.7.15

●コーナーでの新入社員歓迎飲み会をやると言うので、休みだけれど新宿へ。どうせプリンターとか買わなきゃならないものは多々あるのでいい機会と言えばいい機会(気乗りはせんけど)。

 自分が働いている店でいろいろ買って(あぁ馬鹿馬鹿しい)、店が閉店するまで新宿の街をぶらぶら。甲州街道沿いのイエローサブマリンに寄ってみたら、店舗撤去作業中でした。確かにイエサブのHP、店舗所在地から消えているけど、新宿東南口の出口から見てデカデカと輝くネオンの看板があるのにお店閉めちゃうんだなあ、と思うと哀しい気分になる。

 その足で以前勤めていた店舗へ。いい加減痕跡も残ってないだろうと思ったら、看板も何もかも以前と同じように残っている。閉店して1年近く経つのに、ただシャッターが閉めてあるだけ。そりゃ撤去するのもお金がかかるからだろうけどさ。きっとシャッターの内側は、私らが閉店作業で取っ払った什器とかが、そのときと同じようにフロアに並んでるんだろうなあと思うと、何なんだろうって感じがする。
 何も変わらない旧店舗、私が勤めていたときと変わったことと言えば、決してシャッターが開かないことを知って、ホームレスたちが海辺のフジツボよろしくダンボールハウスを建てていたことぐらい。

 人によっては新宿の街は暇つぶしには事欠かない場所なのかもしれないけれど、私はダメです。アスファルトの上にとっ散らかるタバコの吸殻と新聞紙が許せない。ネオンの看板が燦然と輝く歌舞伎町のあの猥雑さが気に入らない。髪を金色にして肌を小麦色に焼き流行の服で着飾っている若者たちが鬱陶しい。日が沈んで不夜城の性格が色濃く現れた都会の街並みに、どうしても馴染めません。根が田舎者なのかもしれないですね私。とはいえ、右も左も緑で溢れ返っている大自然だったら、そもそも私は暮らしていけないでしょう。都会や繁華街からも離れられない性格でもあるようです。
 ともかく新宿を暇つぶしに歩き回って、ああ、自分はこういうところをホームグラウンドにしている人たちとは人種が違うんだなあ、と感じます。だからといって、秋葉原にあるようなオタク然とした店など、虫唾が走るような嫌悪感を感じたりもします。
 あらゆる意味で中途半端なんだなあ。私という人間は。

 沈んだ気分になると酒をかっくらいたくなるのですが、会社の人間と酒を酌み交わすのは私にとっては付き合いでしかないので、深酒する気もないし、そもそも明日は出勤なのでそんな飲み方もできない。なかなか来ない料理にいらだちつつビールをちびちびやる酒宴の何が面白いものか。
 改めて大学時代を思い起こす。サークルの仲間たちや、FMMのメンバーと飲む酒の楽しいことといったら。
 戻ることができないものは懐旧でしかない。でも思いを馳せるのは悪いことじゃないだろう。とりあえず今宵は昔を懐かしむことにする。

 それなりに酔いが回ってるのと眠いのとで面白みのない文章ですけれど、まあ今日はこれにてご勘弁のほどを。


▼2003.7.12

●只今、天舞は何と言うか、非常に充実した瞬間を過ごしてます。
 まるで奇跡です。

 午 後 6 時 に 退 社 。

 ありえねぇ。会社出ても、まだ日が沈んでないんだぜ? お店が開いてるんだぜ? 下校してる学生とかが電車の中にいるんだぜ?

 まさに奇跡。
 よくよく考えると、入社して3年目に突入しましたが、退社時に日が沈んでないことなんかありませんでしたからね(新入社員の時は初春だからもう日が沈んじゃってる)。

 家に着いたのが午後8時前。
 本当に奇跡!

 晩御飯食べて、風呂に入っても、まだ時間に余裕があるのです。シャワーを浴びながら、「あれ、今日って休みだったっけか」などと思ってしまうぐらいなのです。
 んで風呂上がって、久方ぶりに(ホントに久方ぶりに)AC04やって空中戦に心躍らせ、本を読んだり、Webをうろつきまわってみたり。

 奇跡バンザイ! 今日まで生きてて良かった!!
 まあ今後2度とないだろうけどさコンチクショウ。


●普通に会社勤めしてる人だったら定時退社などザラにいるという事実は幸福感が薄れるので思い出さないことにする。


あなたは何時の人ですか? つーかオノレが不適切発言の咎で市中引き回しの上打ち首。
 まあ趣向を変えれば私も賛成です。例えば反復横とび256万回の刑とか。


あまりにワケが分からない一件。こういうのを4月1日にやりゃあいいのに。


▼2003.7.10

●日ごろより当サイトにご訪問下さいましてありがとうございます。
 さて、この度当サイトはめでたく3000Hitを迎えることができました(こらソコ! 少ないとか言うな!)。

 何で1000Hitや2000Hitの時は更新のときにやらなかったかというと、前者はこの人のリロード攻撃であからさまにオカシイHit数だったし、2000Hitはまったくもって私が気が付かなかった(&totoに掲示板で先に報告されちゃった)という経緯があったからです。

 しかし大して面白いことも書いてない、こんな隠遁サイトに皆さん来てくれるんだからありがたいことです。
 このサイトを開設してから、大体1年で3000Hit。1日当たり、約8人ほどお見えになっていらっしゃるわけです。

 お店だったら確実に閉店だねこの客数じゃ。


十時のニュースです。やっぱ腕に年齢は関係ないやね。ああ私もこうクリエイティブな何かを作りたい。無理だけど。


▼2003.7.9

●ホームページの更新というのは、意外に時間のかかるものです。
 読む際に5分にも満たない、短い文章ですら倍以上の時間がかかっています。
 そんなこんなで、 仕事で疲れて眠くてしょうがなくて翌日早くてさっさと布団に入りたいのに頑張って書き連ねている最中、更新した内容がPCハングによって消えたりすると、それはもうやる気が失せるわけです。

 昨日も更新を始めたらいきなり反応しなくなったので、馬鹿馬鹿しくなって更新を放棄してしまいました。
 まあネタらしいネタもなかったしな(本音)。


●先日、客からExcelでデータベース作りたいからやり方教えてくれというようなことを言われ、よせばいいのに「お調べします」なんて言っちゃったもんだから、ここ2日ほど売り場にあるExcelの関連書籍を読んで実行可能かどうか確認せざるを得なくなってしまいました。
 もちろん、どうやったら作れるか案内するわけですから、当然、実際に作って動作するかどうか確認しなければなりません。つまるところ私がお客の作りたいようなデータベースと同様のものを作るわけです。

 ここだけの話、Excel分からねえって私だって。

 まあ一応作り方は確認して、動作も確認して、文章にしてFAXしました。
 お陰でExcelのチェックボックスについて無駄に詳しくなりました。ええ。

 しかし久しぶりに頭がスポンジな体験だ。疲れた疲れた。


癒し系……なんだろうか?少なくとも写真があんまりないので猫のかわいらしさで癒されるわけではなさそうです。
 ちなみに天舞は犬派です。totoと壬鉄は猫派です。ぬう、FMMは猫派優勢だ。


不自然なほど背を反らして銃弾を避けられなければやってはいけません。
 じゃあできればやっていいのか? という発言にはノーコメント。脳内だけでやれ。例えば俺が日ごろ(以下削除)


●世の中にはいろんなマウスがあります。こんなのとかこんなのとかこんなのとかこんなのとかこんなのとかこんなのとか。ウケ狙いなのか正気なのかよく分かりません。
 そして使いづらさNO.1だろうコレ。お箸にスプーンくっつけちゃったみたいな感じです。何が痛々しいかって、洒落で作ったわけじゃないらしいというのが……ねえ?
 ちなみに製作元のサイトは更新されてないんですが、まだ健在なんでしょうか。


▼2003.7.7

さ〜さ〜の〜は、さ〜らさら♪

 七夕だということを、更新の日付で思い出す。
 やはりここは童心に返って、願い事でもしてみようと思う。

 会社辞めても収入が入ってきますよーに。
 一日中寝てられますよーに。
 ともかく楽に生きられますよーに。


 ――うわ最悪だ俺。
 童心に返ったというより、自分の欲望丸出しの単なる怠け者じゃねえか。
 こんな短冊、笹に飾られても、織姫も彦星も「いいから働け!」としか言わないだろうなあ。


 ということで改めて童心に返ってみよう。子供のころ、短冊になんと書いたっけか……

 ……そういえば。
 特に夢なんかない覚めたガキだったので、適当に「総理大臣になりたいです」などと、微塵も思っちゃいないことを書いた覚えが……。


 すいません昔からロクでもない人間でした。
 まさに三つ子の魂百までとはこのこと也。


●昨日の有酸素運動で日焼けしました。何だか腕がひりひり痛いです。
 脆くなったなあ、自分。もっともここ数年、日焼けなんかしたことなかったからなあ。


▼2003.7.6

●久方ぶりの二連休を使い、toto&壬鉄と三人でFMM総会(=雑談&TRPG会合)を開く。
 もうこれを迎えるのを生きる糧として日々の仕事に耐えてきました。
 明日から何を目的にすればいいんだろう。


●それはさておき。
 コレをプレイするので、事前準備を行う。GMをやる私はもとより、残りの二人もこのゲームについてはまったく知らないので、シナリオを考えつつ、世界観や特徴、判定方法などの資料を作成する。
 もともと天舞はワープロ派なので、今回もワープロで作りました。途中まで作って、さあ試し刷りしようとした段階で、感熱紙もワープロ用インクリボンも切れているという事実に愕然とする。
 まずい!
 致し方なく、パソコンでデータを作り直し、ほったらかしにしてあったプリンタを引っ張り出して印刷してみる。
 プリンタの印字がメチャクチャ。なおかつプリンタのインクヘッドが用紙を破く始末。
 まずすぎる!
 しょうがないのでウチのバカ弟が帰宅するのを待って、データだけ渡して奴のプリンタで出力してもらう。
 インクヘッドが動いて印字する音はするのに、紙は真っ白なままで出てきました。
 このプリンタはあぶり出しか?
 幸いインクヘッドをクリーニングしたら印刷できました。一時はどうなることかと思ったよ。


●で、当日。
 資料やらキャラクターシートやらを大量にコピーしなければならないため、早めに家を出て集合場所近くのコンビニへ。時間に余裕を持っているので、ゆったりした気分で自転車をこぎました。20分ほど走って、到着。
 さあコピーだ。資料を取り出し、財布からお金を――
 財布から――
 さ、財――

 ……財布カバンの中に入ってねえええええええ!!

 慌てて自転車をすっ飛ばして自宅へ。財布を引っつかんで、再び自転車に乗って集合場所へ。
 こうして「夏の朝、爽やかサイクリング」(20分間)は、「全身汗だく、とってもステキな有酸素運動」(1時間)となってしまいました。
 素でサザエさんです私。
 ここで「財布は持ってきたものの、実は中にお金が入っていませんでした」などということになったら「疲労困憊、真夏のツール・ド・チバ2003」(1時間40分)へと変更になってしまうところでしたが、さすがにそこまで行かずに一安心。

 まあアレですね。
 何事も事前確認はしておくべきですね。いやホント。


●シナリオの進行自体は――やっぱ不慣れだったかな? なにぶん初めてやる上、プレイヤーは事前知識を何も持ってなかったのも一因ですが。もうちょい面白い&盛り上がるシナリオも作れたんじゃないかなあ、と反省。次やることがあったら頑張ります。
 でも侵食率はちょうどいいあたりでシナリオ終了したので、まあ自己評価70点、てなところでひとつ。


●只今、お部屋の電灯がチカチカ言ってます。非常に目に悪い状態です。
 あーあ、コレも買い換えなきゃなあ。それからプリンタと、親から頼まれている電子辞書と、USBフラッシュメモリと、あとはいい加減メガネの新調。
 うわ今月は出費多そうだなあ。


▼2003.7.3

●ちょっと買い物のついでに10面ダイスを買いにいく。
 世間一般の普通の生活をしている人には、サイコロといえば正六面体のオーソドックスなものしか思いつかないでしょうが、世の中にはそういう形のサイコロもあるのです。

 ちなみにこんな形。 画像元データはこちらのサイトから(無断借用)。

 で、いろいろ足を運んでみたのですが。

 水道橋のフューチャービーは2001年の秋になくなり。御茶ノ水にあったイエローサブマリンもなくなって。
 書泉ブックマートは一時期「これでもかっ!」てくらいダイスの種類が豊富だったのに今は見る影もない。
 以前『カタンの開拓』を購入した神保町の奥野カルタなら! と思って足を運ぶが辛うじてオーソドックスなタイプが売ってるだけ(オーソドックスなタイプは持ってるので買いませんでした)。
 秋葉原まで行ったものの、そういえば秋葉原でダイス売ってる店がどこにあるか、私知らないんだった。秋葉原のトライソフトに行ったら知らない間にB1から3Fに移動してて、店とは思えない店内の乱雑ぶりに嫌気がさして帰りの電車に乗る。
 地元のホビーショップは純然たるホビーショップだから模型関連のものしか置いてなくて(それはそれでありがたいんだけど)、結局ダイスを買わずに帰宅している自分に愕然とする。

 こんなにサイコロって手に入りづらいものだったっけ?

 都内でさえこうなんだから、地方に住んでる人はTRPG始めたくても始められないんじゃないだろうか。幸いにして私は書泉ブックマートという拠り所があるからTRPGのルールブックを入手することにそれほど労力を必要としない。

 ……じゃあ、そういう本屋が近くにない人は? そういう本屋を知らない人は? そしてダイスがどこで売ってるか分からない人はどうしたら?

 ホントに物悲しくなりました。


●マイグレーションも終了して、再びラグナの世界へ。
 そして変なものを発見。



 只でさえインパクトのあるモンスターだけに、屋根から生える姿は何と言うかあきれ返るばかり(笑)。


●TRPGのルールブックを地元のコンビニでコピーしてたら、後ろに女子高生が。
 はっきり言って5分や10分では終わらないくらいの量をコピーするつもりだったので、「私、コピーの量が多いんでお先どうぞ」と声をかけたら、「いえ、私もすごく多いからお先どうぞ」と返される。
 後ろに人が使えてるのにそんなに長々とコピーできるかよ(小心者)。
 しょうがないのでちょっとだけコピーしておしまいにする。まあ必要最低限はコピーしたけど。

 にしても表紙カバー裏にシートを印刷するタイプのルールブック、カンベンしてくれないかなあ。本好きの人間としては、カバーを外して逆向きに折って、コピーかけることにどうしても抵抗があるんですが。まあ見開きで「ぐっ!」と本を押さえつけて中をコピーするのもイヤなんですがね。


▼2003.7.2

●やはり人間、心に余裕を持って生活するべきだと思う。
 時間とノルマに追われる現代社会では、どうしたって心が蝕まれていくだろう。
 ここはひとつ、できる限りリラックスをすることで心身ともに余裕を持たせるべきではないだろうか。

 例えば。
 ゆっくりと寝て昼過ぎに起きるとか。
 意味もなくぼ〜〜〜〜〜っとしてみるとか。
 風通しのいい部屋(冬場は日当たりのいい部屋)で寝転んで読書するとか。

 すいません休日の自堕落を正当化してみました。
 でもどうせ次の休日そんな風に過ごすんです。ふふふのふ。


●たまにうちの会社は早く撤収させたりします。今日は10時30分完全撤収の命令が出て、さっさと帰る。
 まあ帰れるのはいいんですよ。できることなら毎日早く帰りたいですから。
 でも、やることがあって手をつけた直後にさっさと上がれとか言われても、じゃあそれいつやりゃいいんですかオイ。

 つまるところ思いつきでさっさと上げさせるから、ウチのコーナーいつまでたっても仕事終わらんのですよ。


●そして合併先に人員がどんどん持っていかれる罠。
 合併と言うより人員搾取のような気がしてきました。
 ああホントにヤな会社だ。


●そんなダメ会社に見切りをつけるかどうか、やってみました中央労働災害防止協会『労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト』(6月の雑記参照)。結果は“やや高いと考えられる”。まだ大したことないらしいです。まあ私の仕事は出張による時間的拘束とか徹夜とか大幅な勤務時間の変更とか今のとこないですからね。
 でも、時間外労働時間が“月100時間または2〜6ヵ月平均で月80時間を超える”に問答無用でジャストヒットなので予断を許さない状況ではあるかもしれません。
 やっぱ辞めてぇなあ今の会社。


→雑記へ戻る

→TOP
→INDEX