×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京ドームシティでMAGIにクエスト! そしてマスターマギへ編

●そして、ついに4回のチャレンジと相成ったのでした、マジクエスト。1日で4回だよ?! ありえない!!

 天舞はドラゴン攻略に必要なルーンをすべて揃えて、ついにドラゴンと対決まで行き着きました。
 実は天舞、このドラゴン攻略だけ、事前にマジクエストの情報を調べる際に他のサイトで見て知っていたのです。

 そのときは何がなにやら分からない内容で、「ふーん、そんなもんかー」と思っていたのですが。
 今となっては分かる!

 喜び勇んで、ドラゴンアドベンチャーの事前の冒険をして。
 ついにドラゴンの前までやってきました。

 壬鉄はその間、ずっとドラゴンと戦っていたのですが、どーしても戦い方が分からず、困りきっていた模様。
 ルーンを探し終わったので、さっきのゴブリンキングで助けてもらった恩があります、今度は私が助けましょう!

 そういえば、さっきtotoがドラゴンアドベンチャーについて話してたとき、「チャレンジした人たち、王国の住民役のスタッフが横に付きっ切りでもみんな返り討ちだったからなあ」って言ってました。
 困ったときは王国の住民スタッフ! すいませーんスタッフのお姉さん、友人が困ってるんで、どうすればいいか教えてくださーい。

 反則かもしれないけど、「戦ってるんですが勝てない!」ならまだしも「戦い方が分からない!」なら、聞くしかないような気がするのです。

 で、壬鉄さん、ついに戦い方が分かるも、ドラゴンに返り討ちに遭う。残念。


 なお、天舞は戦い方を事前に知ってたのですが、そもそも戦う際に必要なパネルの動かし方は知りませんでした。今度は住民スタッフからパネルの使い方をレクチャーされた壬鉄から、天舞が教えてもらう形です。

 今までは巨大な液晶画面に向けてワンドを振るだけだったのですが、ドラゴンだけは自分が立つところにパネルがありまして。
 パネルには5つのマークが当てはめられていて、左下のスタートをワンドで選んで、ドラゴンとの戦闘になったら、それぞれの魔法のルーンをワンドで選んで、ここはこれ、ここではこれ、と選んでワンドを振ると、白く光ったパネルのルーンの効果が発動するようになってるのです。

 こりゃ、確かに1回見ただけでは分からんなあ。
 あと、住民スタッフさんが言うには、パネルに向かってワンドをかざす際には、普通に持ってかざすよりは、アイスピックを持つかの如く逆手に持ったほうがよいんだと。なるほど。
 ……もはやワンドでも何でもないなあ。やっぱりこれ、木製の刺突剣だと思うんだよなあ。

 で。
 ついにやってきたドラゴンとの戦闘。

 ドラゴンが炎のブレスを吐いてくるので、その前にプロテクションルーンを選んでおいて、ワンドを振るとプロテクションがかかるのです。それで炎から身を護り(かかってるとライフゲージの減りが1ランプ分だけど、かかってないと全ゲージの半分持ってかれる)。
 ブレスを噴き終わったドラゴンが、尻尾を振って、横を向くシーンがあるので、そこでフリーズルーンを選んでワンドを振ると、ドラゴンが冷気に包まれ固まるのです。
 で、横を向いているときには、胴体の一部に鱗がはがれている場所があって、フリーズルーンで固まって動きが止まっているときだけ、フリーズアロールーンでその鱗がはがれているところに攻撃ができて、ダメージが与えられる、と。

 この手順を3回繰り返してクリア。

 勝ったよ!
 ドラゴンに勝ったよ!

 ということで、天舞は3人の中でいち早くドラゴンスレイヤーとなったのでした。


●そうこうしてる時、天舞がルーンをそろえている間に、totoはついにマスターマギルーン入手に必要なアイテムを集めきり、マスターマギでしか開けられない宝箱を開け放ったのでした。響くファンファーレ。すげえ。

 あと、件の外人さん3人組は、積極的に色んなものを探し回っている白Tシャツ&眼鏡外人と、座り込んで王国の住民スタッフのお姉さんたちと談笑している黒小太りさんの2つに分かれていました。
 それにしても白Tシャツ外人のテンションはハンパない。ワンド振りかざすたびに「エクスペクト・パトローナム!」とか叫んでました。それ確か、ハリーポッターで守護霊を呼ぶ呪文じゃなかったか?

 そんな彼らも60分でタイムアップ。残念そうに帰って行きました。2度目のチャレンジには来なかった模様。そういやワンド持ってたの、白Tシャツ外人だけだったからなあ。金銭的にしんどいのか、それとも白Tシャツ外人だけがプレイしたくて残り2人を誘ったのかは分からぬまま。


●で。
 キリンコーラこと天舞、ドラゴンを倒したのなら。
 次にやるのはマスターマギルーン探しです。というより、これ以外にもうやることが残ってない。
 totoが4回目のプレイに入る前に、うわごとのように「星どこだよ、星」と言っていた意味が分かりました。4つは見つけた(自力で見つけたのは2つ、totoが「あの星はあそこにあって、この星はあそこにあって、最後の1個が見つからない」と言ってたのをヒントに見つけたのが2つ)のですが、最後の1つが確かに見つからない。
 通りがかったtotoにどの辺りにあるのか聞いてみたら、「この辺から見上げるとあるよ」と教えてくれました。

 見上げてみて……。

 ……どこよ?

 目を凝らして探しても、まったく見当たりません。

 2〜3分、その辺りをうろうろして、見つからないのでとりあえずやたらめったらワンドでそこかしこを指してみたら。


 ぺろりろり〜ん♪


 音がなったので、その方向を見上げてみたら、まさに真上のものすごい上のほう、木の枝に隠れるようにして星があったのでした。
 そんな高い位置かよ!

 ――で、私もめでたく、マスターマギへ。


 余談ですが、このころになると、totoはすでにマスターマギとなって、マスターマギじゃないと取得できないルーンの獲得に奔走してました。いやまさに文字通り奔走。汗をかきながら一目散に端末に向かい、情報を確認して必死の形相で早足で去っていく。午前中とかの和やかにプレイしてた時とは変わって、鬼気迫るものがあります。

 壬鉄もドラゴンを倒してマスターマギクエストを始め、残り時間的にしんどいのかアトラクション内を小走りで移動するように。おーい走るなよー。


●最終的には。

 キリンコーラこと天舞……マスターマギクラスを除くアドベンチャー制覇、マスターマギ、マスターマギ以降の3ルーンのうち2ルーン取得。
 カルア・ロドリーこと壬鉄……マスターマギクラスを除くアドベンチャー制覇、マスターマギ。
 totoことtoto……マスターマギクラスとドラゴンを除くアドベンチャー制覇、マスターマギ、マスターマギ以降の3ルーンすべて取得。

 というところまで到達したのでした。そりゃ、4時間もやってりゃねえ。
 totoは最後にドラゴンと戦ってたんですが、どうもドラゴンを倒した辺りで時間切れになったらしく、扱いとしては倒したけどアドベンチャー自体は完全に終了したわけではないという中途半端な扱いになってました。残念。


 やってみた感想としては、大人でも楽しめると思った次第。
 そして、分かってれば3回のプレイで全部のルーンとアドベンチャーが制覇できるだろうな、というところ。

 ちなみに、出口の液晶モニターに「本日のランキング」として、獲得ポイントとか獲得ゴールドとか獲得ルーン数とかが出るのですが。

 どのランキングも、上位3つをFMMメンバーが独占。

 汚い! なんて汚いお大尽4時間プレイの賜物!
 とことん大人気ない!
 どんな廃人なんだよオイ!!


 そんなことを思いつつ、マジクエストのアトラクションを後にしたのでした。


  (→9.試練を終えて編 へ進め)


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX