×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2010年10月:暑さ寒さが急転直下編
――Presented by “MIYA Amamai”,and FMM corporation. menu previous next


2010.10.1 アパートのキッチン限定、超局地的な地球防衛軍  

アリだー!

 ある日のこと。

 仕事を終え、疲れた身体を引きずって「あー、晩ご飯どうしようかな……」と考えつつ、部屋の扉を開けて電気をつけたら。


 キッチンに、アリが行列をなしてました。


 !!


 涼しくなってから、確かにちらほらとアリの姿をキッチンで見て、「あー、斥候が侵入してきてるなあ、必死なんだろうなあ」と思いつつ退治していたのですが。
 どうも、ゴミ袋の中をかぎつけたらしく――めんどくさがって袋をとじてなかったこちらも悪いのですが――侵入されてしまった、という次第。

 ここで「はっはっは、これは仕方ない。ここまでたどり着いた君たちの勝ちだ、好きなだけ持って行くがいい」と度量の深いところを見せると人間としてすごいのかもしれませんが、そんなの天舞はイヤです。速攻退治。

 とりあえずゴミ袋は除去して、大きなゴミ袋に放り込んで厳重密封。蛇口からお湯を出して、布巾でふき取り熱湯退治。
 しかし、気になるのはこのアリの列。玄関から侵入しているわけではなさそうです。

 じゃあ、どっから入ってきたんだと、アリの列を追って、食器を載せているコロ付きラックをどかしたら。

 侵入経路=キッチンの隅、キッチンタイルと壁の、ものすんげえちっちゃなスキマから。

 まさか!
 まさか室内に出入り口があるとは!!

 これはいくらなんでも予想外。
 あれだ、城の城壁とか堀とかを幾重にもめぐらして完全な防備を整えていることを自負していたら、敵軍が地下を掘り進んで城内に侵入されたときの領主の気分です。というよりそのまんまなんですが。

 去年はこんなことなかったので、この出入り口が作られたのはつい最近なんでしょうけど、まさか部屋にアリの巣への出入り口があるなんて!


 で。
 布巾でふき取り+お湯で退治、を行った結果、アリはキレイにいなくなりました。よかった、よかった。

 ……と、安心したのもつかの間。5分もすれば、またアリたちは列を成しているじゃないですか!
 そりゃ、いくら出てきているのを退治したって、根本が解決されてないのだから当然ですが。
 エサになるゴミ袋を撤去したって、出入り口から出てこないようにするには殺虫剤とかかけなきゃムリでしょう。でも、殺虫剤なんて常備してません。

 でも、こんないたちごっこを繰り広げる時間も余力もないのも事実。明日も仕事なんです。
 さすがにイラついた天舞――


 「核だ」


●や、ホントに核なんてあるわけないし、あったとしても室内で核とか意味が分かりません。使わないよ!
 でもまあ、天舞宅で一番破壊力のあるものと言えば、混ぜるな危険、キッチン消毒用の塩素になるわけで。人間だって殺せるようなシロモノなんだから、アリごとき簡単に倒せます。

 とりあえず出入り口に塩素をひと吹き。
 これで時間稼ぎをしている間に、ネットで退治方法を模索します。

 調べてみたら、どーもアルゼンチンアリっぽいのです。確かに茶色くてちっちゃい。
 そして、あらゆる昆虫への対策と同じく、有効なのは食器洗剤なのだとか。

 ということで。
 出入り口と思しき場所に、食器洗剤を原液でチューっとたらす。
 あれですな、エヴァンゲリオンであった、硬化ベークライトを注入して戦略自衛隊を防ぐシーンみたいですな。

 果たして。
 追加で侵入してくるアリは現れず。

 あとは、すでに巣穴から出てきていて、出入り口がふさがれて帰るに帰れない残党を発見次第、掃討へとシフト。

 ついにアリの侵入を撃退したのでした。


 もう、気になって何度も見にいっちゃったよ。


●とはいえ、これで本当に解決したわけではないでしょう。
 きっと、第二・第三の侵入があってもおかしくない。
 それまでに、防備をさらに固めなければ――

 そう決意した天舞だったのでした。

 ところでゴキブリ対策に設置していたコンバットは、アリにも仕事してくれたようです。
 設置場所がアリの侵入経路近くにあったおかげか、その周りにはアリが死屍累々と転がっていたのでした。

 
2010.10.6 やってみたいと思いはするものの  

あー!
 8月と9月を移動してない!

 天舞です。

 過去雑記に移す作業はそれなりに時間がかかるので、今度の休みに。
 こーいうとき、手動更新のホームページはめんどくさいね。
 ブログだと月ごとに勝手に分類されるから、手間かからないんだけどね。

 でも何か、ブログはイヤ。
 世間では猫も杓子もって状態のツイッターもイヤ。

 基本、流行り物に否定的なスタンスで生きてます。ばりばり保守派。

 でもTRPGだと、新作の紹介見るたびに「おっ、やってみたい!」とか思っちゃうミーハーです。軸がぶれてますね。
 とはいえ、やりたいと思っても、「なーなー、○○ってシステムやりたいから、GMやってえな〜」とお願いするわけにもいきません。GMやるには、ある程度そのゲームのルールに精通してなきゃいかんですからね。
 かといって自分で覚えるのは、そりゃまあ、ありていに言って大変です。

 なので、ルールブックをさっと読んで、ある程度ゲームの核となるルールだけ抽出して理解できる人というのを、天舞は尊敬してやまないのです。
 まあ、結局は判定方法と、戦闘に関するルールだけ把握しておけば、実際にプレイするときにはぜんぜん問題ないんですけどね。あとはキャラ作成とレベルアップくらいかな?

 ちなみに天舞は、そういう判定の部分をついつい後回しにして、ワールドとか世界設定とかから読んじゃうからだめなのです。
 本の体裁をしてたって、ルールブックなんだから最初から読むのではなく必要な部分を読み解くスキルが必要なんだけどねえ。


●そういった「やりたいシステムはあるんだけど、マスタリングできる人がいないよ!」って場合に活躍するであろうコンベンション。
 天舞は接客業なんで、普通の方々がお休みのときは仕事してるんですよね。だから参加しようがない。

 まあ、そんなもんです。

 あと気心の知れない人たちとのセッションって、やっぱ疲れるような気がするのですよ。
 まあ、一回くらいはコンベンション行った方がいい気もするのですが――と、過去の記憶を思い出したのですが、大昔に行ったことがあったなあ、コンベンション。ライブRPGに参加したおかげでTRPGしなかったけど。

 ライブRPGは面白かったのですが、天舞は基本、理解力に乏しいのと運が悪いので、活躍できないで終わりフラストレーションが溜まるのです。
 ほら、パッとしない現実と違って、ゲームの中くらい華やかに活躍したいじゃない? 主人公なら主人公っぽく素敵に、脇役なら脇役なりに渋く。

 でもライブRPGだと、やっぱり現実と同じくパッとしない成績でフィニッシュなのですよ。TRPGやるインドアな人たちは、基本スペックとして知力に重きを置いている人が多いですからね。そーいう人たちには敵わんのですよ。まぁ体力面でも勝てないけど。そして運でも負ける自信がある!(だめじゃない)

 そういやネトゲも、片手間程度でしかやらないので、やっぱりパッとしないのです。


●……とまあ、更新のネタだけ事前に用意していたにも関わらず、ついついラグナロクオンラインが無料でログインできたので遊び呆けてしまい、更新をUPするのを忘れる体たらく。
 ああなんてパッとしない。

 
2010.10.8 飛び交う銃弾吹っ飛ぶ害虫  

ホイホイさん現実化しねーかなー。

 天舞です。

 電撃コミックスのフェア分が入荷してきて、その中に『一撃殺虫!! ホイホイさん』があったので、ついつい買ってしまい、読んだわけなのですが。
 あーいう自動で害虫駆除をしてくれるものってメチャクチャ便利ですよね。

 まあ、天舞は可能なら外装をRGM−79ジムに変更して使うような気がします。そうすれば武器バリエーションとか豊富なのもうなずけるわけで。
 90oプルバップマシンガンに陸戦型の突き刺せる小型シールド、ビームサーベルで完璧ですよ。夢がひろがりんぐ。
 もちろん、武器バリエーションでは勝るとも劣らないザクとかでもいいんですが、なんか害虫からの防衛ってとこが、ジャブロー内で戦闘するジムに重なるというかなんというか(ry

 でも、逆に考えると、ホイホイさんが実現するということは、ゴキブリを始めとした害虫たちが薬物耐性によって殺虫剤が一切効かない状態なのであり、そうなると、ものすごい量繁殖していそうなわけで。
 マンガを読んだら、ホイホイさんは全長11.5p。いくらこのサイズで小回りが利くからって、タンスの裏とかシンクの下とか、11.5pでは入れない場所は害虫の巣窟となってることが想像に難くないわけで。

 やばいよ!
 めっちゃやばいよこの世界!

 そう考えると、もっと小型のドローンに電極をつけて、動くものに対して一時的に高パルス電流とかを流すほうが駆除的な意味で安心……かと思ったのですが、そんなもん流したらホコリとかに引火して火事の原因ですね。

 あと、よくよく考えたら、全長11.5pの人形が火器を所持するのは不可能な気もしますし。手で持つ程度の大きさだと、弾丸を収める場所がないので根本的に装弾数が足りません。
 かといって飛び道具がなければ、前述のように細いスキマの害虫は駆除できないし。

 なんか、ここまで書いていて、ホイホイさんを実現するより、クモ型ドローンを作ったほうがなんぼかマシのような気がしてきました。狭いとこ入れるし。
 そして、クモ型ドローンなんか作るなら、素直にハエトリグモアシダカグモを飼育した方が何倍も効率が良いのでした。ちゃんちゃん。

 それにしてもアシダカ軍曹は、家に2・3匹いると、そこに住むゴキブリは半年で全滅するというジェノサイドっぷり。
 これ、生半可にホイホイさんとか開発するより、アシダカ軍曹を調教して時間になったらケージに戻るように教え込ませたら、もしかしてものすごい経済効果を生まないか?

 「超エコ・クリーンな害虫退治! 殺虫剤は一切使いません! 訓練されているので、特定の時間以外はケージに戻るため、不快な思いをすることはありません!」とか。


●ところで、はやぶさカプセル内に地球外物質の可能性だそうで。
 わくわくしますね。

 
2010.10.11 致命的におなかいたい危機  

健康診断のために早起き。

 天舞です。

 近所で健康診断やるってならいいんだけど、本社の近くの診療所なんだよね……
 普段起床する時間に家を出ないと間に合わないという、この辛さ。
 まあ、去年もやったことだし、分かってたことではあるんだけどさ。

 休日くらい朝寝坊させておくれよ! でもまあ早起きすると1日が超有効活用できるんですよね。夕方ハンパなく眠くなるけど。

 ――ということで。
 健康診断に行ってきたのですが。

 例によって「前日夜9時から何も食べたり飲んだりしちゃだめ」とか書かれてて。
 ちょうど前日より、やや下し気味。

 おなかは痛いのに、水分取れないとかどういうことですか、なんて思いつつその日は床についたのでした。
 おなか痛くて夜中に何度かトイレに起きたけど。

 で。
 翌朝、眠い目をこすりつつ早朝の電車に乗って都内まで出て。
 朝っぱらから健康診断を受けて、つつがなく終了し。

 診療所から放り出された朝9時30分。
 とりあえず24時間営業のお蕎麦屋で天丼を食べて、外に出たら。

 急激に腹痛が。

 どうやら、下し腹を下し続けるだけの水分が体内からなくなったために一時的に腹痛が治まってただけであって、食事して水分を取ったら、その水分で下し腹復活、という状況に陥った模様。


 やばいです。

 ありえないです。


 ふと「そういや診療所に行く途中でコンビニがあった、お手洗い借りよう!」と思い出し、そちらへ急ぐことに。

 とはいえ、「ワタクシ、切羽つまってます」という風で走りこむのも、恥ずかしいものです。
 ので、極力そしらぬ風を装い、店員さんにお手洗いの場所を聞いて、無事用を足せたのでした。

 それにしても、まだ恥と外聞を気にできる分、余裕があったんでしょう。余裕なかったら恥も外聞もへったくれもないもんな。
 何ともならなかったら大変なことになってました。


●そんな状況だったので、当初は秋葉原とか御徒町とか、その辺まで足を伸ばして、買い物したりご飯食べたりして、夕方くらいに帰宅して晩の食材を買いに出ようとか考えてたのですが、そんな腹痛が断続的に襲ってくるかもしれない状態では、呑気にお外で買い物なんてできません。次に腹痛が襲ってきたときにトイレが近くにあるとは限らないんだよ?!

 ということで。

 さっさと帰宅、帰りがけにおなかがゴロゴロ言わないタイプの牛乳を買って、家で静養しつつ紅茶を飲んでパソコン前にいたわけですが。
 まーだおなか痛いんだよなあ。困ったもんだ。


●まったく関係ないんですが。
 2010年10月10日って、略して書くと10/10/10なんですよね。

 職場で領収書書くとき、一瞬ゲシュタルト崩壊を起こしたりしました。あれ、これであってんの? 大丈夫だよね? とか。

 
2010.10.15 キレイな状態を維持するのが一番タイヘン。  

●ちょっと前に、職場で新製品の文具のデモ映像を流していたのですが。

 これがまあ、うざいこと、うざいこと。

 や、製品を貶める意図はまったくないんですけどね。


 CMはこれ。


 キモイよ!!


 天舞ですこんばんわ。今回は割と万人に同意してもらえるような気がします。


●そんな天舞さんは、お部屋が散らかり放題で、ややグロッキー気味ですよ。
 どうやって片そう、これ……。

 まあ、休みの日に頑張って片付けるよりほかにないのですけどね。

 当初はFMM総会の予定があったので、その辺で片付けなきゃなあ、と思ってはいたのです。
 会場が連続してtotoの家だったし、奴もしんどそうだったので、ならばせめて会場提供ぐらいしなきゃ、と思ってはいたのですが。

 天舞もぜんぜん余力がなくて、ぐったり状態。
 そこにやってくる、toto風邪っぴきにより総会中止のお知らせ。

 まあ、しゃあないとはいえ、totoお大事に。
 おかげで全精力を注入してでも部屋片付けせずに済んだ分、天舞はちょいと気楽に休みを過ごせたのでした。


●ところで、部屋片付けとか掃除とか、まとめてガッと処理する人は、逆に部屋が散らかる速度も速いんだとか。
 なので、可能ならば毎日5分でも10分でも、片付けタイムを設けて、少しずつ片付ける方が、長いスパンで見ると効率が良いらしいです。

 あうぁ……天舞はまとめてガッとやるタイプの人だよ……。確かにキレイに整理整頓できてる期間が短いよ……。
 というより、もともと片付けごとが苦手な人なんですよね、私。
 キレイ好きではあるのですが、面倒だと後回しにするタイプ。あれ、それってキレイ好きとは言わないな?

 それにしても、本棚のキャパシティが一杯で、既読本タワーが2箇所に出現してしまっているので、これを早いとこ片付けないと、天舞の部屋には書籍のモノリスがにょきにょき生えてしまうことになります。

 う〜ん、確かにぜんぜん読んでない本とか、買って「あー、これは失敗だったなあ」と思う本がそれなりにあるから、そいつを処分すればいいのかもしれませんけど。

 でも。
 本を売るのも捨てるのも、ものすごーく抵抗があるのですよ、天舞は。

 雑誌ならまだ処分するのに抵抗はないんですけどね。
 本の形をしてるとなあ。

 世間の本読みは、この部分どうしてるんだろうね?

 
2010.10.19 ドラクル2のあれやこれや  

●天舞の!

 やってみましたドラゴンクルセイド2のコーナー!!

 や、そーいうブラウザゲームがあるんですよ。基本無料、特殊なことしたり便利な思いしたい場合は課金が必要っての。
 8月にやったFMM総会のときに、totoがセッションやりつつ、ROで放置露天をして、かつ何かポチポチやってたのを見て。

 試しに天舞も始めてみたのでした。周りに秘密にして。

 まあ、秘密にする理由など何一つなかったんですが、そこはそれ、「実は……」ってカミングアウトしたほうが面白いような気がしたものでして。

 もっとも、先日ROをtotoとやってる際にカミングアウトしてみたら、すでにtotoは放置気味とのこと。残念。
 ま、やってるサーバーも違ったので、共闘しようもなかったんだがな!


 ……で。
 どうせなら、天舞が知ってることをフィードバックしとくと、ゲームを始める人にとって優しいかなあ、と。

 つい先日、新サーバーができましたからね。初心者でも経験者でも、新サーバーならある程度並びが一緒なので、そんなに辛い思いをしなくてすむはずです。

 ということで。
 天舞流!
 課金はしない、戦争もさほどしない! 弱肉強食のアサン大陸で密かに生き抜くドラゴンクルセイド2攻略!

 ちなみに今回はこの話題しかしないので、興味がない人はブラウザを閉じて違うサイトでも見たほうがマシですので念のため。


●【どんなゲーム?】
 メールアドレスを登録して、インターネットエクスプローラーとかのWebブラウザで遊ぶゲームです。ケータイでもできないことはないみたいですよ。
 アサン大陸という世界の領主になって、領内にある農地とか石切り場とかの資源地を成長させ、そこから算出される資源で建物を建てて、軍隊を作って、配下の英雄に兵を引き入らせて、各地に点在する悪魔や、他のプレイヤーと戦争するゲームです。

 基本無料なんですが、資源を生産するのも、建物を建てるのも、全部時間経過によって成り立っていて、その時間経過を帳消しにできるアイテムとかは課金して入手って寸法。時間リソースを課金でどうにかできるってのが、世間で流行ってる怪盗ロワイヤルっぽいですね。


 つまるところ、超単純化した領地経営戦争ゲーム。

 画面にある資源地をクリック→必要な資源と、成長するまでの時間があって、「この資源地を成長させますか?」ってメッセージ→成長をクリック。
 画面にある兵士育成所をクリック→兵1体あたりの資源と育成完了までの時間があって、「兵を育成しますか?」ってメッセージ→育成をクリック。
 画面にある他のプレイヤーの城をクリック→そこに到達するまでの時間があって、「この城に出兵しますか?」ってメッセージ→出兵をクリック。

 あとは時間がくるまで待つだけ。
 戦争ゲームですが、伏兵とか奇襲とか二方面作戦とか分断とかって概念はありません。ないんですよ。事前に迎え撃つことすらできんのな。「げえっ、孔明の罠だ!」とかってところはまるでなし。
 本気で戦争ゲームしたい人には向かないかもしれませんが、気楽にシミュレーションRPGをやるだけなら、ボタンクリックと経過時間を逆算できる知能さえあれば、誰でもできると思います。

 なお、“1日5分で楽しめる元祖ブラウザシミュレーションRPG!”と謳ってますが、マトモに楽しむなら5分どころでは全く足りません。ネットゲームだってことは頭に入れておきましょう。


●【天舞流のゲームの指針:序盤〜中盤くらい編】

 @保護期間内に外郭を上げとけ
 初めてサーバー内に城を持ってから1週間は、保護期間という形で攻撃されません。
 初心者クエストをやりながらゲームの概要をつかんで、保護期間中に必要なものを上げていきましょう。可能なら、休みの日とかにまとめてやってしまうのが良いと思います。複数日に分けてのんびりやってると、保護期間が終わっちゃうからね。

 初心者クエストの内容はネットで紹介されてたりするので、スムーズにやりたいなら参照するといいと思います。

 なお、初心者クエストでギフト券を入手しますが、これは時間というリソースを半減したり無視したりできるステキな貴重アイテムです。課金することで入手できるダイヤとほぼ同等の効果を持ってますので、課金する気がないなら序盤には使わない方がいいでしょう。使うとしても1/3〜半分くらいまでにしないと、使いたい時に使えず、のちのち泣きを見るかもしれません。

 がんがん戦争するならともかく、あまりしないなら序盤に兵士は要りません。
 英雄と一緒に兵士を連れて歩けば、狩りの際に英雄のHPが減らずに済みますが、英雄単騎で狩りに行くより移動速度ががた落ちします。
 レベル20以下の英雄だったら、HPがなくなるころにはレベルアップできるので、ひとりで狩りに出したほうがお得。

 建設の優先順位は農地>他の資源地>城壁・矢塔・城砦(ある程度資源地が成長したならこちらを最優先)>その他、ぐらいでしょうか。
 可能なら、保護期間中に城壁・矢塔・城砦をレベルMAX(もしくはその近く)まで持っていくと良いと思います。
 MAXにしておけば、格上から攻められるならともかく、自分と同じタイミングで始めた程度の相手からの攻撃なら、無傷で相手を壊滅できます。

 兵士の育成・技術の開発にはお金がかかるのですが、お金を消費すると名声が上がります。名声が上がると英雄が多く雇えるようになったりしますが、序盤に名声を稼ぎすぎると、他国から狙われる可能性が大。頭を低くして乗り切るほうが無難のようです。
 そもそも、序盤に作成できる兵士なんざ、いざ他国と戦争する際になったら何の役にも立ちません。大量に作っていても一瞬で全滅します。選んだ種族にもよりますが、Lv5以下の兵士ユニットは作るだけ無駄です。

 A保護期間が明けた後の処世術
 ひとりでやるのは、後ろ盾がないのと同じです。可能ならご近所さんと仲良くなりましょう。大きなギルドに入るも良し、身内で固まってギルドを作るもよし。ひとりでやるなら、周り全てが敵だという危機感は常に持ってください。ひとりで続けるというのは、そのリスクを享受するということですからね。
 ただ、生半可にギルドに入ったことにより、そのギルドのしきたりにしたがわなきゃいけなかったり、ギルド全体が目の敵にされて所属してるだけだというのに他国に攻撃される、ということもあり得ます。

 もっとも天舞は仲良くならずにひとりギルドを貫きましたが。その場合、むやみに攻めない、かつ攻められたらある程度反撃できる戦力の保持が必要となります。力なき正義は無力、というやつです。
 なお、保護期間が明けたら、他国に攻められるのが前提で行動しないと痛い目を見ます。

 ・自分が不在の際には、英雄は診療所や英雄訓練所に入れておくか、めちゃくちゃ長距離(片道3〜6時間くらい)の地に探索に出すなどして、不在時に攻められた場合に英雄を殺されるのを防ぐ。

 ・金貨はすべて宝物庫へ。敵が攻めてくることが分かっている状態なら、資源はすべて売却するか、もしくはすぐには売れないくらいの金額をつけて市場に出し、敵が去ったら出品を取り消す。金貨が宝物庫に入りきらない状態なら、売却しやすいアイテムを購入するか、場合によっては野外資源地の守備兵雇用に使い切る。

 ・レベル6〜7のユニットが生産できるようになったら、名声が上がり過ぎない程度にちまちまと生産。自分が不在にする際や敵が攻めてくる際は蔵兵洞に隠しておく。

 上記のことをやっとけば、いざ格上が蹂躙してきても、経験点は美味しくない、得られる資源も金貨も少ないという状態で追い返すことができます。
 幸いこのゲーム、どんな大軍に攻められても、建物が壊されたり住民が殺害されたりすることがないですからな。あくまで英雄や兵士が死亡したり、資源と金貨を奪われたりする程度。
 あとは、格上に攻められても泣かない強さを持ちましょう。
 どの辺から中盤なのかはよく分かりませんが、6〜7レベルユニットを生産できるようになって、さらに追加で城を建てられるくらいからを中盤と規定します。副城を建設する際は注意してください。脆弱な副城を攻めてくる敵もいるわけですから。主城と違い、副城は占領される可能性があるので、外郭の防御と平行してサーカスや公園などの「攻められた際のリカバリー」機能を持つ建造物を優先するといいかもしれません。

 そこまで無事でいられたなら、あとは何とかなるはずです。プレイの仕方も分かってると思いますので、アサン大陸で頑張ってください。


●【狩り・戦闘で気をつけたいこと】

 英雄には兵士をつけることができます。
 レベルに応じて指揮できる兵の数が変わりますが、7つある配置ボックスにそれぞれ何体兵士を配置するかという部分は共通です。

 @兵士は極力7の倍数で
 配置ボックスが7つあることは前述しましたが、それぞれに別々の数を入れることもできます。
 が、デメリットしかありません。
 兵士が31体いたとして、

 ←前
  英雄
   5
   5
   5
   4
   4
   4
   4


 という配置をした場合、ゲーム内での戦列はこんな感じになってます。

 ←前
  英雄
  兵 兵 兵 兵 兵
  兵 兵 兵 兵 兵
  兵 兵 兵 兵 兵
     兵 兵 兵 兵
     兵 兵 兵 兵
     兵 兵 兵 兵
     兵 兵 兵 兵


 で、ダメージ受けるのは前から。
 100点ダメージを受けたとすると、前にいる1列がダメージを受け、その列を構成している兵で割るわけです。
 違う数を割り振ってしまうと、突出するユニットができてしまい、兵が死にやすくなるわけです。

 なので、

 ←前
  英雄
  兵 兵 ……×31

 なんて配置をすると、兵がもりもり死んでゆきます。
 この場合、31体の兵を連れてゆくなら、ちょっと減らして7の倍数の28体にしたほうが損害が少ないのです。

 A連れて行くなら同種のユニットで構成すること
 レベルの違うユニットは、当然HPも違います。
 上位ユニットと下位ユニットを一緒に連れていくと、上位ユニットの列は減らないけど、下位ユニットの列はダメージによって減ってしまいます。
 すると、上記@のように、兵士の列が乱れて突出ユニットができてしまうわけです。


 おっと、やたら長くなったぞ?!
 まだあるので次回に続く(続くのかよ!)。

  
2010.10.22 武士道とは死狂ひなり。  

メビウスェ……。

 いま使ってるノーパソの前がメビウスでした。ちょっとさみしい。

 ところで前回の更新で「ドラクル2内容続くよ!」とか書いてみたのですが、よくよく考えると前回に8割くらい書いているので、正直今回さほど書く内容なんてない罠。

 というよりですね。
 ホントは兵隊の隊列うんぬんを次回に回すつもりで更新してて。

 そのまま前回の更新にくっつけた状態で上げてしまったというのが正解でして。

 まぁ、あれだ。
 あとはWikiしっかり読んで研究するか、公式のコミュニティにあるQ&Aにしっかり目を通しておくくらいしかないね!
 ていうか、それさえしとけば問題ないしね!


 というわけで、ひとりギルドを作って日々農耕、攻めてきたらやりかえすという立場でやってたのですが、近隣からギルド加入のお誘いを受け、今は他ギルドに属して農耕しつつ兵を作る日々だったりするのでした。


●ところで先日シグルイの最終巻が出ました。

 待ってたよ。
 最終巻の発売、待ちわびてたよ……。

 このままの勢いで、原作のエピソード全部描くのかと思ったら、さすがに無明逆流れだけで終わりみたいです。
 まあ、この先、マンガとしてはあんまり面白くならなそうなエピソードもあるし。次の試合の被虐の受太刀とか、盛り上がるラストにはどうやってもできない気がするもんなあ。
 ……と思いつつも、山口貴由先生ならやってくれる! 我々の思いもつかない残酷無残時代劇を描き上げてくれる! と思ってしまうのは期待しすぎでしょうか。

 あのテイストで時代劇描ける人間は誰もいないからなあ。
 覚悟のススメ好きには悪いのですが、エクゾスカル零じゃなくシグルイ続けて描いてほしい天舞でした。

 でももしかしたら覚悟のススメ→シグルイ→エクゾスカル(覚悟のススメ)→シグルイ2章みたいな感じで出していくのかもしれません。いちおう最後のコマに「無明逆流れ編 完」って書いてあるし。もっともその場合、作品が完結する前に間違いなく作者が病没するような気もします。なにせシグルイ15巻分が足掛け7年ですからね。

 原作はその後10試合やって、更にその試合の後日談の話の全12章。
 1章7年と換算したら、全部シグルイクオリティでマンガに描いたら、それだけで84年かかります作者死ぬよ!
 まあ3試合目と4試合目の主人公たちのエピソードはすでに描かれてるからそんなにかからないだろうけど、原作をただ淡々とコミックにしたような話じゃなく、あの山口貴由描く人外な追加エピソード満載のシグルイな話が読みたいんだ!

 まあ、15巻を読み終えたので、また1巻から読み直そうと思います。むーざんむざん。

    
2010.10.26 這ってでも  

●休み明けのある朝。

 天舞は、朝から絶不調でありました。


 これまでの人生で、ここまでダメな状態の起床はひさしぶりです。

 もうね、目覚めた段階で頭が痛いの。
 頭の左半分が死んだような状態なの。右と左の焦点が合わないというか、そんな感じ。
 頭が痛くて、そこから派生して吐き気もするの。
 そもそも、目覚ましが鳴った時点で「え、もう朝……」と思うくらい、身体が回復してないの。

 前日の晩から「あー、なんかしんどいな」と思って、風呂も翌朝入るつもりで、日付が変わる前に就寝したというのに。

 頭痛に吐き気、起き抜け一発目より地獄の爽やかさ。

 致し方なく朝食を胃に落とし込み、頭痛薬を飲むのですが。
 これがまた、今日に限って効きが悪く。

 頭痛はエスカレート。
 吐き気もエスカレート。

 刻一刻と出勤時間だけが近づいてきます。

 吐き気に咳き込みながら、ベッドにもぐりこんで「もしや風邪なのでは?」と熱を測るも、35度台のいたって平熱。
 風邪じゃないのはいいことなんですが……このしんどさでは、会社に行って、仕事するなど割と無理っぽい。

 致し方ない。今日は社員3人フルで揃うし、早番はもうひとりいるし、少なくとも遅番に変更させてもらえないか連絡入れるか……。


 rrrrrrr……

 rrrrrrr……

 rrrrrrr……


 おかしい。
 何度かけても誰も出ない。

 この時間、普段ならもうひとりの早番社員がいるはずなのに……。

 電車が遅れてるのか、早番社員も体調崩したのか、急遽遅番に変更になったのかは分かりませんが。

 唯一確かなのは。

 電話に出ない=誰もいない=這ってでも出勤せざるを得ない

 という誠に非情な現実。


●幸い、徐々にではありますが頭痛薬が効いてきたので、なんとか無心で会社までたどり着いて、午前中業務をして帰ってきました。
 頑張れば何とかなりそうではあったんですが、頭痛が完全に治まりきってなかったので、休めるときに休んでしまえ! と覚悟を決めたのです。

 近場のスーパーで昼飯を買って、帰宅して食べて、再度頭痛薬を服用して、横に。
 眠くはないが頭痛のせいで動くに動けない。本を読むのは不可能、パソコンで何かするのはもっと不可能。
 そりゃもう、ただひたすら横になってました。
 動き出せたのは夕方7時過ぎという体たらく。しんどいなーもー。


 ……ただ、困るのは。
 そんだけ回復に費やしても。
 なんか、翌日も頭痛が抜けきらなかったんだよね。

 これは、いま飲んでる、市販の頭痛薬が効かなくなってきたってことなのだろうか……?

 こういう風になりたくなかったから、極力飲まないようこころがけてきたのに〜。
 まあ、現在の頭痛に対するメインウェポン(イブA錠)もさほど強い薬ではないので、そんなに心配してないのですけれども。


●そして。
 そんなちょい辛い状態でも、明日のお昼のお弁当作れるくらいの用意はしないとな――とおかずだけ準備しておいたのにも関わらず。
 翌朝、これまた珍しく寝過ごしてしまい。

 作ったおかずを使うことなく、今日もお昼を買って過ごすハメに。
 しかも、雨傘忘れて、帰り道の雨天に傘がなく、これまたコンビニで買うことに。もう家に3本も傘があるよ!

 
2010.10.29 いつまで“子”のつもりなんだよ  

●……えー。

 今回の更新はバッシングくらうかもしれませんが。
 とくにある程度の年齢の女性から。


 でも。
 どんなにバッシングされようと、これだけは言いたい。


 宝島社 10月に40代女性をターゲットにした月刊女性ファッション誌「GLOW(グロー)」新創刊


 40代はいくらなんでももう女子じゃないだろ。

   
――Presented by “MIYA Amamai”,and FMM corporation. menu previous next


→TOP
→INDEX