×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリアンロッドリプレイ #2−3

 〜揃って出目の悪いロクデナシたち〜


 さあてお邪魔インプ’sが取り出すカプセル怪獣!(古い)
 当初の予定では1体だけだったが、割とPCたちがさくさく来ちゃったのでアドリブで2体に増やしたのはナイショだ!
 ぽーんと放り投げた先に登場するのはBOSS敵だ! 苦戦しろ!

GM:あ、エネミーがどこに出るかにもよるんで、PCの隊形を描いてくれ。
フィエラ:(かきかき。先頭がフィエラ、真ん中ニルヴァーナ、最後尾アイヴィー)まあ、こんなもんだろ。
GM:(ころころ)じゃあ、アイヴィーのすぐ近くに2匹、オウガが。
アイヴィー:きゃー。
フィエラ:頑張れ!
GM:――って、オウガって言ってもPCたちにゃ分からないか。
フィエラ:エネミー判定だ。(ころころ)9だって。
アイヴィー:(ころころ)ごめん1ゾロ〜!
GM:(オウガのデータを見せながら)邪悪化したドゥアンですね。2匹。「おがー!」
フィエラ:じゃ頑張って倒しましょ。
GM:ちなみにアイヴィーのすぐ近くですので(笑)
フィエラ:ええ、2発殴られます(笑)
GM:オウガの行動値は11です(笑)
一同:! 早ぇ〜!!
GM:じゃあアイヴィーを殴ります! 1匹目!「ふがが〜っ!」
アイヴィー:……早いっ!
GM:(ころころ)17と言って攻撃。
アイヴィー:出目が最大値でも避けられません!
フィエラ:6ゾロを振るか、フェイトを使ってダイスを増やすかの2択ですね。
アイヴィー:……まあ、一撃目は食らって様子を見る。(ころころ)当たり。
GM:じゃあ2体目も。「ふんがー!」(ころころ)6ゾロ。――てことはダメージ上がるなあ。
フィエラ:フェイトを使えよぅ!
アイヴィー:フェイト使う! 振り直し。
フィエラ:すいません6ゾロ以外避けられないんですよアナタ。
アイヴィー:…………(沈黙)

 命中時にサイコロの目で6ゾロ(この場合、出目が6のサイコロが2個、の意味。振ったサイコロの目全部が6で揃う必要はないのです)があった場合、クリティカルとなります。この攻撃は自動命中扱いになり、6の出目の数だけダメージのサイコロが振り足されるんですね。
 そんな手痛いダメージになるクリティカル攻撃を避ける手段はひとつだけ。

 回避でクリティカルを出すしかないのです。

 フェイトを1点使って2D6を振りなおして、果たして6ゾロが出るかどうか。
 さらに6ゾロが出る確率を上げたいなら、フェイトを1点使って振りなおして、さらにフェイトを使って振れるダイスの数を増やすぐらい。2D6で6ゾロを出すより、3D6以上で6の目が2個のほうが確率的には出やすいですからね。

アイヴィー:てことは……。
フィエラ:このゲームの6ゾロは6が2個以上出ていればいいんだから、とりあえず気合でフェイト使い切るくらいの勢いで。
GM:避けないで、《プロテクション》にフェイト使うって手もありだけど。
アイヴィー:う〜〜〜〜〜ん……(長考中)
GM:あ、ちなみにオウガの攻撃力を教えておきましょう。2+3Dです。クリティカルした方は2+5Dだね。
アイヴィー:う〜〜〜〜〜ん……(まだ長考中)。きついなー。
GM:大丈夫、ダメージ直抜けしたって死なないだろ?
アイヴィー:……とりあえずフェイトを2点使って避けることを考えよう。
GM:んあ、結局避けるの?
アイヴィー:ここでフェイトを使うか、それともBOSS戦に取っとくかだな……。
GM:……すいません、これがBOSS戦なんですが……(しょんぼり)
アイヴィー:んじゃ、容赦なく使おう!
GM:どっちに使うんだYO! 回避かYO! 《プロテクション》かYO!
アイヴィー:(即答)《プロテクション》。
GM:じゃあ2発殴られてください。1発目!(ころころ)13点。
アイヴィー:13点?
GM:……大したことないじゃないか。《加護》2レベルで4点引かれるんだから(苦笑)。2点しか抜けねぇ。
アイヴィー:(ころころ)プロテクションで止めた。
GM:よっしゃあああ、2匹目は、5Dじゃあ! 往生せいやぁああ!!(気合を入れてころころ)……あ、低っ!!
アイヴィー:よっしゃあ!(笑)
GM:何これ? 5Dで14の……16点んん? 何これ?

 5D6の期待値は17.5。14だと4D6の期待値ですね。ぴったりサイコロ1個分足りません。とほ。

アイヴィー:(防具とスキルのダメージ減少を計算して)……2点食らった。
GM:……ぽえ〜ん? うわ、《加護》つら〜。くそ、オウガ頑張れ、オウガ頑張れ!
フィエラ:じゃ、オウガの片っぽ殴る。(ころころ)あら、14しかないや。
GM:オウガなめんな〜!(ころころ)避け!
フィエラ:よけんじゃねー!
GM:ニルヴァーナはどうする? 前に出てアイヴィーをカバーする? それとも魔法? 前に出ないとアイヴィーは殴られっぱなしなんだけど。銃も撃てない。
フィエラ:(アイヴィーに)……壁っ! 頑張れ!(笑)

 防御が固くて、銃を当てられないので、ギルドマスターの命令により殴られ続ける壁となるアイヴィー(笑)

アイヴィー:このゲーム、回避専念ってある?(笑)
GM:それはスキルがないとできない(ウォリアーのスキル《パリィ》。なお回避専念はソードワールドのルールです)
アイヴィー:……んじゃ、何もできんやん!
GM:じゃあオウガの攻撃! アイヴィーに殴りかかる!(ころころ)13。
アイヴィー:10以上。(ころころ)避け!
GM:うお! じゃあフィエラには17と言って攻撃!
フィエラ:17かよ。……ま、ダメージは抜けないだろ。避けられません。
GM:よしゃ。(ころころ)……わー低い! 12点。
フィエラ:……かっちーん。
GM:ええええええええ?! しまった。これは出す敵を間違えた。もっと強いの出せばよかった。

 今日は全般的にGMの出目が悪いです。

フィエラ:頑張るよー! じゃあフェイト1点使って攻撃。4D6だって。6いっぱい出ろ、えい!(ころころ)出ない! ひどい! 合計で10しかない!(一同爆笑)

 プレイヤーの出目も悪いんですがね。

フィエラ:14だって、ありえない!
GM:(ころころ)ち、当たった! 7以上で避けられたのに。
フィエラ:……は? 13点しかダメージ出ないぞ?

 なんだなんだ、この低レベルな戦闘の光景は(苦笑)。双方、ともに出目が悪いってどういうこっちゃ?
 あまりにも埒が明かなそうだったので、GMはオウガに《スマッシュ》を使わせます。これでダメージが上乗せだ!

GM:食らえええええ!(ころころ)低っ。13と言って攻撃。
フィエラ:当たると痛そうだからフェイト使おう。(ころころ)せーふ!
GM:ちぇー。じゃあアイヴィーにも攻撃! うりゃ!(ころころ)低っ! なんじゃこりゃ、12と言って攻撃。
アイヴィー:フェイト1点使う!(ころころ)16!

 …………。
 戦闘が盛り上がらないよう。こ、これは私のせいじゃないよな? サイコロの出目のせいだよな? な??

GM:再度スマアアアアッシュ! ……また低い。12……。
フィエラ:平目でいけそうだな。(ころころ)あ! ミスった!
GM:よしゃ! 当たった! 10+3Dだ!(ころころ)キター! ダメージ23点!
フィエラ:うわーい、普通にやって13点抜けなんだけど。加護で4点減って9点抜けになって。……《プロテクション》くれ。
アイヴィー:はい、じゃ《プロテクション》あげる。ぴらりらりら♪ 2点軽減。
フィエラ:ん。7点しか抜けなかったよ。おっほっほっほ。
GM:……しょぼん。

 この間も、ニルヴァーナがちまちまちまちまとファイアボルトでダメージを与え続け。
 フィエラは殴って避けられ続け。
 アイヴィーは何にもできないので殴られ続ける(笑)

GM:また《スマッシュ》じゃー。スマッシュ大会じゃ〜! 食らえ!(ころころ)16!
フィエラ:16? フェイト2点使う。(ころころ)
GM:やったああああああああ! 全部1ゾロだー!(一同爆笑)
アイヴィー:い、今のは……(笑)
GM:すごいことするなあ。サイコロ4つ全部1って(笑)
フィエラ:奇跡だなあ(笑)。神ロールだったな今の。こんころこん……ん? 出目真っ赤?!(笑)
アイヴィー:こっちも当たった。
GM:フィエラには22点。
フィエラ:14点止めて8点抜け……《プロテクション》いらないや。
GM:アイヴィーには……あうー、16点。
フィエラ:うん、素で11点止めるから5点抜けだね。
GM:しょぼーん。
フィエラ:はい、じゃいきまーす。(ころころ)18。
GM:はい当たりました。……おかしい、何かぜんぜん楽勝じゃねえか。
フィエラ:えーと、8点しかダメージ与えられない(苦笑)
GM:ああ、じゃ止まった(笑)。よしよし、まだ生きてる!
フィエラ:もう今日、ゾロピン出すぎ!
GM:(ニルヴァーナの魔法処理。ころころ)ダメージ3D……うわああああ!
フィエラ:はい頑張ったー。
GM:(うめき声)出目、でけぇ……。11点抜けでオウガ倒れたー!!
フィエラ:はっはっはー。

 気がついたらGM管理のニルヴァーナが魔法で倒してました(苦笑)
 ん? フィエラとかほとんどダメージ与えてないんじゃね?

GM:もっと強いの出せばよかった。レライエとか(ぼそ)
フィエラ:……いや、死ぬんじゃないか? 100%消し炭になってるんじゃないかウチら?(笑)


 1体倒れてしまえば、あとは怒涛のように押し切られます。
 ニルヴァーナがダメージにフェイトを乗せた《ファイアボルト》が炸裂し。
 やっとこさ敵から離脱したアイヴィーが放った射撃は、なんとクリティカル! これも大ダメージ。

フィエラ:わっしょい、わっしょい!(笑)
GM:おいおいおい、前回のあのクリティカルの出なさ具合は何だったんだよ!
アイヴィー:今回のために取っといたの(笑)
フィエラ:殴って切ってコロース!
GM:じゃニルヴァーナは魔法打ち止めなので、近づいてって殴る。
フィエラ:ぼこすかうぉーず。
GM:(ころころ)低い! フェイト使って振り直し。
フィエラ:フェイト、ドロップ用に取っとけよ!(笑)
GM:17と言って攻撃だから……オウガ頑張れ、オウガ頑張れ!
フィエラ:死ね、死ね、死ね!
GM:(オウガの回避サイコロをころころ)あああ、足らねえ〜! ふぇ、ふぇいと!(一同爆笑)
フィエラ:フェイトねえよ! モンスターにフェイトあったら泣きそうだよ!
GM:7点抜けー。はい、アイヴィーさん。
フィエラ:撃墜もってかれそうな気がする……!(笑)
アイヴィー:フェイト使ってー。(ころころ)19!
GM:ちきしょー、当たるに決まってんだろそんなのー! オーバーキルだこいつらー! でもまだ生きてるー!
フィエラ:(ころころ)よっしゃああああ!
GM:うわああああ、6ゾロ出しやがった!(一同爆笑)
アイヴィー:ここで6ゾロ出すか。
GM:はい、はい、はい、ダメージが2D増えますー(投げやり)
フィエラ:きたー、よーやくクリティカルだー。わっしょ〜い!(ころころ)わっしょい、わっしょい、わっしょいしょい! 25て〜ん!(笑)
GM:はいやられましたよー! 次からもっと強いの出そう!

 余ったフェイトをドロップ品決定につぎ込むプレイヤーたち。
 くそう、そんなのにフェイト使うな! 戦闘に使え!(苦笑)

 そんなこんなで、届け物の薬を届ける一行。

フィエラ:は〜、ようやく着いたよ。
GM:(アルケミじーさん)「おおー、これが薬か。どうもどうも」
フィエラ:やー、謎のインプに襲撃されて大変でしたよ。
GM:(アルケミじーさん)謎のインプ? この辺では魔族がうろうろしてるらしいからのう。ちょっと気をつけたほうがいいかもしれんのう」
アイヴィー:(さらりと)ま、見つけたら潰すだけですから。
GM:じゃあこっから街まで戻って、報酬を受け取って、今回のシナリオはおしまい、です!

 さーて、伏線めいた発言も出てきました!
 これから先、プレイヤーたちはどうなるのか!

 そして、GMとプレイヤー双方のサイコロの出目の悪さはどうにかならんのか?!

 各種の問題をはらみつつ、進行する天舞GMのアリアンロッド!
 敵は強いほうがいい! 手加減なしで次はシナリオ作るぞ!

(to next scenario!)


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX