×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリアンロッドリプレイ #3−4

 〜見通しの甘いロクデナシたち〜


 持ち物を調整したPCたち。バーゲン品を限界まで手にして運ぶオバチャンみたいです(笑)
 二部屋漁って、残り一部屋も漁りに向かいます。

GM:またここが部屋になってて(MAPG)、ガーゴイルっぽい像が。構造は同じです。
フィエラ:(アイヴィーに)十分注意しながら、ぱんぱん撃って(笑)
アイヴィー:ぱん。
GM:(前の部屋でトラップが発動したのに、まだ銃で撃つのか)じゃあ……ダメージをちょうだい。
フィエラ:ははははは!(笑) 今度は本物らしい。
アイヴィー:はい(ころころ)。9の……16!
フィエラ:じゃあ動き始めたと同時にひらひら中に躍り出ましょう。ひらひらひら〜。
GM:8点抜け。痛いなー。じゃあここからは戦闘ラウンド。

 あーあ、ガーゴイルに見える(そしてやっぱりガーゴイル)像を置いておいたら、今回も射撃しやがって。
 次から像を出すときは、衝撃を与えると致命的な罠が発動するようにしちゃる!

 走りこんできたフィエラですが、出目が3Dを振って1・2・3と腐っていて、あっさり避けられます。逆に2匹から集中攻撃を食らいますが、そこはシーフの面目躍如。あっさり攻撃をかわします。ニルヴァーナの《ファイアボルト》は12点直抜け。アイヴィーの射撃も命中し、いきなりガーゴイルが1匹瀕死の状態です。
 2ラウンド目のフィエラの攻撃はクリティカル! 22点ダメージとか言われれば瀕死のガーゴイルに成す術はありません。もう1匹のガーゴイルが仇とばかりに命中させるも、防御力に阻まれノーダメージ。……あとはタコ殴りです。一矢報いることすらできず、PC3人の集中砲火で昇天します。

GM:では、部屋の奥には扉があります。
フィエラ:ん。じゃ……(アイヴィーに)扉に向かって銃を一発撃ってください!(笑)
アイヴィー:は〜い。ぱん!
GM:撃たれました。扉にがすっと弾痕が開きました。
フィエラ:よし! じゃあエネルギーバリアじゃなさそうだ!(笑)
アイヴィー:今度からこれでいこう。
GM:(……うん。次からどのオブジェクトも、ちょっとでも衝撃を加えたら罠が発動するようにしとこう)
フィエラ:ばこ〜ん(扉を開ける擬音)
GM:そうすると、空中に八面ダイスみたいなクリスタルが浮いてます(MAPH)。
フィエラ:なんだろー?
GM:なんでしょう?
アイヴィー:ダイスの神様!
一同:(爆笑)
フィエラ:やな神様だな(笑)

 PC3人で判定するも、何だかさっぱり分からず。

GM:空中にふよふよ浮いて、淡い青色の光を発してます。で、ゆっくり回転してます。ラピュタの飛行石みたいな感じ。
アイヴィー:バルス!!(一同爆笑)
フィエラ:だめでしょぉぉぉぉぉ!! 崩壊しちゃうでしょこの神殿がっ!! アンタなに言ってんのYO!!(爆笑)
アイヴィー:飛行石って言われたら、そう言うのが礼儀ってもんじゃん(笑)
GM:礼儀なのかっ?!(笑) とりあえずどうします?
フィエラ:もしかしたらコレ回復装置かもしれないから、「最初に触った人だけ回復しました♪」てのも切ないから――
GM:でも最初に触った人に電撃びりびり〜って来るかもしれないよ?
フィエラ:それは《プロテクション》で何とでもなるから(笑)。――さて、この青い飛行石に触りたい人。
アイヴィー:う〜んと、サイコロで負けた人(笑)
GM:んじゃ2D振って。
フィエラ:おりゃあああああっ!(ころころ)8!
アイヴィー:(ころころ)5。
GM(ニルヴァーナ):(ころころ)7!

 言いだしっぺが負けました(笑)

アイヴィー:んじゃ触りま〜す。
GM:じゃあ3D振って。
フィエラ:ぶは。やな予感が。
アイヴィー:(ころころ)ん〜と……8。
GM:じゃ、8点HPとMPが回復。
アイヴィー:お。らっきー♪
フィエラ:(拍子抜け)……じゃ、1人1回ずつ触れるのかな?
GM:光が弱まったような気がする。

 続いてニルヴァーナ、フィエラと触って、少しずつ回復。PCたちはMAP@の部屋にできた下り階段を下りてMAPKの部屋へ。本当はここでも戦闘がある予定だったのですが、すでにここまでで3時間が経過。現実時間では午前から初めてすでにお昼の1時30分過ぎです。ラスボス戦もまだだっていうのに。
 どうせ戦ってもあっさり倒される程度のエネミーだったので、はしょって奥の部屋(MAPL)に向かわせます(フィエラ:アドリブ効くのがTRPGのいいところ)。

アイヴィー:やっと最深部か。
GM:広ーいところになってだな(MAP描き描き)……こんな感じで……扉があって……で、2,3,4,5っと。
アイヴィー:にゃー?!
フィエラ:5体もいるの? 5体もいるのね?!
GM:真ん中だけ種類が違うね。左右の4体も、上の階で見た(MAPF)ゴーレムとも形が違う。
フィエラ:[エネミー識別]! [エネミー識別]!!
アイヴィー:[エネミー識別]いきまーす!
GM:[エネミー識別]するなら戦闘ラウンドに入っちゃうよ〜ん。
アイヴィー:遠くから見るって……だめ?
GM:明かりが届く範囲に入れば戦闘です。……(出てくるゴーレムたちのデータを確認し)うわっ! 何こいつ、弱っ! ありえねえ!!
フィエラ:よしよし、じゃアタシ真ん中に突っ込んで斬ろう。
GM:布陣は機械人形が真ん中に1、周りに機械人形が4。真ん中の機械人形は行動11なので一番早いです。左右の4体は行動6なのでアイヴィーよりは早いです。真ん中は……近づいてくるのを殴るか。
フィエラ:(ころころ)べろ〜ん。クリティカルで避けました。5体分全部避けてあげる(笑)
GM(ニルヴァーナ):じゃ[エネミー識別]、雑魚の方を見ましょうか。(ころころ)雑魚はブロンズゴーレムだね。
フィエラ:(アイヴィーに)強いほうの識別お願い。
アイヴィー:1ゾロ出したらゴメ〜ン♪
GM:ああ、アイヴィーの行動の前にブロンズゴーレムの方が早い(笑)。

 ブロンズゴーレムががすがす殴りかかりますが、ちっとも当たりません(GM:どうしよう、今からアイアンゴーレムに替えようかな)。余談ですが真ん中の機械人形の[エネミー識別]は、予告どおりアイヴィーが1ゾロ出したので分かりませんでした。

アイヴィー:……ごめん、ホントに出すとは思わなかった……(笑)
フィエラ:プロフェッショナルだキミは(笑)
GM:まあニルヴァーナが次のターンに判定すればいいんだけどね。真ん中の機械人形が14と言って攻撃。
フィエラ:(ころころ)びろびろびろびろ〜。
GM:じゃあニルヴァーナが[エネミー識別]しま〜す。真ん中はスティールゴーレムです。で、よく見ると背中に背負子みたいなのを背負ってるねえ。
アイヴィー:げ。
フィエラ:なんだいそれは。
アイヴィー:……要するに、増槽? これでビームを2発以上撃てたり、多弾頭ミサイルが出てきたりとか。
GM:カッコイイ! 採用!(笑)
フィエラ:どこのヴァンツァーですか?(笑)
アイヴィー:もしくはコンテナミサイルを発射するとかさ(笑)
GM:……デンドロビウムなだけですよ?(一同爆笑)
フィエラ:ごめんごめん、それエネミーレベルが50とかになるからダメー!(笑)
アイヴィー:よし、折りたたみ式のバスターライフルだ!

 まあ何が入っててもいいんだが、それを食らうのは君らだぞオイ?
 種明かしをすると、増槽が正解。スティールビームをもう1発撃てます。そんだけ。
 コンテナミサイルにしとけばよかった(マテ)

GM:こうなったら、ブロンズゴーレム4体は全員ビーム撃ったれ〜!
フィエラ:ああ、すいませんすいません。アタシ殴らせて?(←行動順がブロンズゴーレムより前)
GM:ああ、どうぞ殴ってください。
フィエラ:じゃ、MP5点使うから(さっきMAPEで手に入れた短剣の能力。MP5点使用してダメージを無属性の魔法化)
アイヴィー:らいとにんぐ・ぶれーど!
フィエラ:(ころころ)クリティカルしない中で一番高い出目が出ました。サイコロだけで16あります(笑)
GM:避けろと……(ころころ)はい、ダメージ下さい!
フィエラ:いってやれ〜! あ、[フェイト]2点使います。
GM:(お。例の短剣装備してる状態で[フェイト]使ったな)じゃ、さらに[フェイト]を1点減らしといて。
フィエラ:……え? さらに1点減らすの??
GM:うん。

 実はこの短剣、使用者の[フェイト]を1シナリオごとに1点吸収して使用する能力があるのです。
 何に使用するかは……この時点ではまだ秘密。

フィエラ:(キャラクターシートを書き直しながら)[フェイト]残り1点になっちゃった。ドロップ用に2点だけ取っとこうと思ったのに。
アイヴィー:やっぱり、何かあったか。
GM:ではスティールゴーレムへのダメージどうぞ。何点?
フィエラ:23点魔法ダメージ。
GM:はぁぁぁ?! 23点直抜けぇぇぇぇ?! 何それ、HP半分だよ! 半分減ったよ!!(一同爆笑)
フィエラ:くっくっく(笑)
GM:……あのうすいません、ニルヴァーナめんどくさいんでブロンズゴーレム魔法で焼いていいですか?
一同:はい!(笑)

 MAPDの対スライム戦でも使用した例のコンボ、アイヴィーの《ブレッシング》でダイス1個追加+《マジックブラスト》で範囲攻撃にした《ファイアボルト》が炸裂。なんと今回はクリティカル!! ダメージが7Dにもなって、32点もの魔法ダメージが吹き荒れます。
 ――ゴーレムって何で魔法防御力が軒並み0なんでしょう? ビームを撃つ間もなく、スティールゴーレムは取り巻きのブロンズゴーレムもろとも蒸発です。

GM:はい、ドロップ品決定どうぞ!!(やけくそ)
フィエラ:アタシ[フェイト]1点しかないから〜。
アイヴィー:わたし[フェイト]4点。
フィエラ:ニルは何点残ってる?
GM(ニルヴァーナ):私は2点残ってる。
フィエラ:じゃあスティールゴーレムのドロップはアイヴィーに任せるから、残った[フェイト]は全部つぎ込んで振ってくれ(笑)
GM:(お? ゴーレムたちはラスボスじゃないのに、もう[フェイト]つぎ込みを始めちゃったな)
アイヴィー:しつもーん。
フィエラ:(聞いてない)で、アタシとニルヴァーナでブロンズ3体にそれぞれ1点ずつ使って、もう1体はそのまま振ろう。アタシが2体振るから――
アイヴィー:(遮って)ちょっと待てちょっと待て。このドロップ品てさあ――
GM:(アイヴィーが差し出したルールブックのドロップ品の項目を見ながら)プレートアーマーとか、重量的に君ら持って帰れるのかね?
アイヴィー:わたしもそう思うんだよ。
フィエラ:え?! そんなくだらないものなの?
GM:……[フェイト]使うの?
フィエラ:でも[フェイト]使わないと経験点増えないよ。プレートメイルって幾らになるの?
アイヴィー:う〜んと、1000ゴールド。
GM:ちなみに重量は10です。
フィエラ:置いといてあとで取りに来るのはダメなの? 切な過ぎるよこんなもん(笑)
GM:ヨアヒムさんと交渉して下さい(笑)

 結局、[フェイト]をほとんどつぎ込んで、得られたものはゴーレムの宝石(50G)×3とプレートアーマー。
 GMは「ダンジョンから出た後にボスが待ってるのになあ」と思うのですが……。知ーらない。

GM:じゃあ奥の部屋(MAPM)に入ると、台座にビロードみたいなのがかけられてて、中央に一冊の本がある。ちなみに重量は1ね。
フィエラ:じゃあ、それを持って帰ろう。で、アイテムを取りに往復!(笑)
GM:(甘いわ。これからボス戦じゃ)じゃあ往復のため出口まで来ました。と、そこにニヤっと笑う影が3つ。
フィエラ:ヨアヒムくん。
GM:違います。
フィエラ:え?(違うのが意外だったらしい)
GM:「やっと出てきたか。さあ、それを渡してもらおうか」
フィエラ:いやぽん。
GM:「じゃあ、別に構わん。君らをズタズタに引き裂いてから貰えばいいだけの話だ」……えー、真ん中に翼の生えた毛むくじゃらのが1体。で、その左右には、前のシナリオで出てきたインプが「やっちゃえやっちゃえ!」「やっちゃえやっちゃえ!」と。
フィエラ:(ぽそりと)……ゴミだ(一同爆笑)
アイヴィー:けどドロップ品で[フェイト]使ったのはちょっときつかったかもなー。
GM:ちなみに真ん中のは行動値14。インプは7。
フィエラ:どうせアタシが盾になるから。後ろから例の「ファイアボルトスペシャル」(=《ブレッシング》+《マジックブラスト》で範囲攻撃になった上にあらゆるダイスが+1になった《ファイアボルト》のことらしい)をぶち込んでいただければ(笑)
GM:じゃあ、真ん中のが、ぽーんと何かを投げてきます。まだ君らは移動してない同一エンゲージだからね。真ん中に投げてあげよう。
アイヴィー:げ! グレネード?! ってことはアイツか!!
GM:7D6の爆発ダメージだねえ。
一同:ななでぃろく?!
GM:攻撃は3D+10。(ころころ)25。さあ避けろ。

 全員避けられず、ダメージは29点。炸裂してます。物理ダメージなのが不幸中の幸いでしょうか。アイヴィーのみ自分に《プロテクション》を張り9点軽減しますが、後はダメージを普通に食らいます。同じ出目が2〜3回続けば全滅です。フィエラの攻撃は当たるものの2点しか抜けず。

GM:「ここはハゲンティ様に任せれば大丈夫ですね」「大丈夫ですね!」「ははははは!」って言って、インプたちはいなくなっちゃう。さあどうしよう。
フィエラ:散らばってください!
GM:ニルヴァーナはどうする? 殴る? 魔法で攻撃する? 《ハンドグレネード》は、[範囲(選択)]じゃないから――
フィエラ:自爆するでしょ? 近づくと、アタシとニルヴァーナを巻き込んで自分も、って馬鹿なことをやらないかぎりは大丈夫ってことだから。
アイヴィー:その代わりアイヴィーのところに飛んでくる。
フィエラ:でも君はプロテクションで防げるから。でニルヴァーナは近づいて魔法!
GM:おけおけ。ところで誰も[エネミー識別]をしないので能力値とかは教えませんが。
フィエラ:まあ能力値なんか、だってハゲンティでしょ? って言うことで(笑)
GM:じゃあ魔法にしとくか。
アイヴィー:それともブレスコンボやる?
フィエラ:君は《ヒール》だ。
GM:《ヒール》がこないと死ぬ死ぬ。
アイヴィー:あ、そか。
GM:(ころころ。計算中)3点しか抜けない。
フィエラ:じゃ殴ったほうがいいね!
アイヴィー:遠距離からドタマぶち抜けばいいわけか。
フィエラ:……お前は《ヒール》っつってんだろ!(笑)
アイヴィー:分かってるよ!(笑) 今《ヒール》かけるからちょっと待て!
GM:ところでハゲンティは空飛べるんだけどね。
フィエラ:ああ、うん。
GM:(空を飛べる意味を分かってないな)[封鎖]関係なく移動できるんだよね。

 要するに。
 フィエラとニルヴァーナが近寄ってきたところで、自分は離れて《ハンドグレネード》を投げつければ事足りるよ、って話です。
 こういう場合は、全員が別エンゲージになるくらいに離れ、なおかつそれぞれが20メートル圏内に(《ヒール》や《プロテクション》の有効範囲が20メートルのため)いるべきです。

GM:まあいいや。遊んであげよう、はっはっは。
アイヴィー:じゃ《ヒール》いきまーす。どっちに先かける?
フィエラ:アタシ残り18。
GM(ニルヴァーナ):残り18。
フィエラ:じゃそっちだね。脆いから。
アイヴィー:じゃあいきます。《ヒール》っと!(ころころ)19点!
GM(ニルヴァーナ):じゃあ全快。
アイヴィー:じゃ次のラウンド。
GM:じゃあハゲンティから。……《ハンドグレネード》って、《ハンドグレネード》しか攻撃方法がないんだけどこいつ。
アイヴィー:……ちょっと待て。
フィエラ:ダメじゃんこいつ。

 基本ルールブックでは、攻撃方法が《ハンドグレネード》しかなかったので、8回投げると攻撃ができなくなるというバグ? みたいなエネミーだったのですが、刊行された『エネミーガイド』ではその辺が修正されてます。
 でもこのシナリオをやったときは、『エネミーガイド』が出版するずっと前のことです。
 しょうがないので、8発投げ切ったら「ふはははは、今回はこの辺でカンベンしておいてやろう!」と捨て台詞を吐いて逃げることにしましたが――果たして逃げられるものやら。
 というより8発の《ハンドグレネード》にPCたちが耐え切れるのか? 1発あたり7D6点のダメージだよ?

GM:じゃあアイヴィーに、17といって攻撃。
フィエラ:[フェイト]使って避けてもいいよ(アイヴィーは1点だけまだ[フェイト]を持っている)
アイヴィー:意味ない意味ない!(笑) はい当たり〜。
GM:じゃあ7D。いちにいさんしいごおろくなな(サイコロを数える)。で〜ん!(ころころ)……うわ何これ、低ぅ?! 16点だって。
アイヴィー:《加護》入れて、11点軽減。
フィエラ:《プロテクション》いらんな、HPポーション飲んどけ。
GM:軽減して、ダメージ5点ん?! 硬っ!!
フィエラ:殴るっ!
GM:どうぞ。避けの能力はあまり高くない(ころころ)
アイヴィー:……6ゾロ出してますがこのマスター。
フィエラ:がるるるる! 何なの!
GM:じゃあニルヴァーナが殴ります(ころころ)――あら、避けられちゃった。
アイヴィー:じゃあHPポーション飲むか。
GM:おう、飲め飲め! 呑ま呑まイェイ♪
アイヴィー:(ころころ)7点回復。
フィエラ:はー、こんなことならポーション飲んどけばよかった。

 かなり不利なPC側。これで本気の戦闘を行うと全滅しかねないので、GMのハゲンティはPCを舐めてかかることにしました。飛行でエンゲージを離脱せずにアイヴィーとガチで射撃攻撃対決を行います。飛んでくる《ハンドグレネード》のダメージを《プロテクション》とHPポーションで耐えるアイヴィー、攻撃を繰り返すフィエラとニルヴァーナ。ハゲンティの《ハンドグレネード》の回数も着実に減っていきますが、それ以上にアイヴィーの命が風前の灯です。

一同:《ヒール》! 《ヒール》!
アイヴィー:てらりらりら♪ 3Dだから……(ころころ)15点回復。
フィエラ:良かった。さっき食らった分以上回復した。
GM:じゃあハゲンティの番か。
アイヴィー:よし、《ハンドグレネード》残り3発!
フィエラ:こいつ、屋根のあるとこで出さなきゃダメ!
GM:(ころころ)今回は27点。
アイヴィー:(計算して)16点抜け。
フィエラ:はい《プロテクション》♪ 《プロテクション》♪ もージリ貧だよぉ!
アイヴィー:(ころころ)7点止めて9点抜け。
フィエラ:ひー!
アイヴィー:とっととブチ殺してくれ! あと3ターン耐えれば何とかなる!
フィエラ:《フェイント》!(=命中判定を2回行って、任意のダイス目を選択できるスキル。ころころ×2)6ゾロ出ない、17!
GM:それは当たり。
フィエラ:(ころころ)何だよダメージ11点しかない!
GM:それは3点抜け。
フィエラ:これ《加護》あってもキビシイ!
GM:(ニルヴァーナの攻撃とハゲンティの回避を判定中。ころころ)当たった。ダメージ21!
フィエラ:ぶっとばせ、ぶっとばせ!
GM:13点食らうのか。うわ、痛い! ものすごく痛かった!
アイヴィー:[HPポーション]飲みます! これでポーション0! (ころころ)8点回復!
フィエラ:次のラウンドー。
GM:爆弾がもうなくなりそうです(笑)
アイヴィー:よし、残りあと2発!
GM:ハゲンティ爆弾投下〜!(ころころ)21点。
フィエラ:《プロテクション》で止まる! 気合で止めろ!
アイヴィー:《プロテクション》いきまーす! (ころころ)3点抜け!
フィエラ:次はMPポーションだね。カツカツの戦いだ!
GM:さあどうぞ。このターンでハゲンティ落とせるかな?
フィエラ:《フェイント》〜!
アイヴィー:ろっくぞろ! ろっくぞろ! 6ゾロ出ろ〜!
フィエラ:(ころころ×2)出ませ〜ん! 残念! 14!
GM:14? (ころころ)ゴメン避けた。
フィエラ:辛すぎる〜。
GM:(ニルヴァーナの攻撃とハゲンティの回避を判定中。ころころ)ああ、避けられちゃった。
フィエラ:無理です! 逃げられて終わりでしょうコレは。
アイヴィー:[MPポーション]いきまーす。(ころころ。出目10)おお!
フィエラ:よし、これで3回分保った。
GM:で、爆弾が――
アイヴィー:よし、残り1発!
GM:「ふはははは! ふはははは! 天才爆弾は世界一ぃぃぃぃぃ!」(ころころ)24点。
アイヴィー:《プロテクション》いきまーす。
フィエラ:6ゾロなら抜けるダメージ1点だけ。
アイヴィー:(ころころ。出目6ゾロ)
一同:をををぉぉぉぉぉ?!
GM:神が! 神がっ!!
アイヴィー:よし!
フィエラ:《フェイント》、《フェイント》〜♪ クリティカル〜が(ころころ)でませんね〜! (も一度ころころ)でませ〜ん! 15!
GM:8以上! (ころころ)ごめん8。
フィエラ:こーげき当んないじゃんコイツ!

 ニルヴァーナの攻撃も当たらず。しかしこのボス戦、ホントにフィエラは役に立ってないな(苦笑)。
 アイヴィーが念のためフィエラを回復し、さあ《ハンドグレネード》最後の1発のラウンドです。

GM:ラストだ! 爆弾がラストだ!
フィエラ:避けろ! アイヴィー避けろ! もう6ゾロしかない!
アイヴィー:ろっくぞろ、ろっくぞろ! フォースよ我に力を!(ころころ)出ない〜!
GM:(ころころ)あ、しょぼい! (出目を数えて)……はァ? 16しかない!(一同爆笑)
フィエラ:ははは、《プロテクション》で止まるぞ!
GM:最後の爆弾、情けないぞ?!
アイヴィー:(ころころ)8点止め。
フィエラ:てことは――止まった(笑)
アイヴィー:じゃ、次わたしも撃つよ。[フェイト]ももうないけど。
フィエラ:コロス・コロス・コロス!(《フェイント》使用でころころ×2)16!
GM:(ころころ)当たった。
フィエラ:(消え入るような声で)ダメージ9点しかな〜い……。
GM:それは1点しか抜けない。(ニルヴァーナの攻撃とハゲンティの回避を判定中。ころころ)お! 命中で6ゾロ!
一同:キタ! キタ! キタ!
GM:(ダメージころころ)24点。残り10点しかない!
フィエラ:(アイヴィー)よし! いけ! 死ね! 殺せ!(一同爆笑)
アイヴィー:出目しだいかあ。
フィエラ:ラストショットで殺せ! 気合で殺せ!
アイヴィー:(サイコロを持って念じながら)……オール6! オール6! オール6ぅ!(一同爆笑)
GM:ええええええええっ?! 無茶言ってるよこの人!(笑)
アイヴィー:15!
GM:ごめんそれ16で避けてる。
アイヴィー:あ。
GM:じゃあ次のターン、ハゲンティが「爆弾は世界一ぃ、せか……」(ごそごそと身体を探るゼスチャー)「…………」(さらに探るゼスチャー)「……さらばだ! ははははは!」と言って逃げてゆく。
一同:(苦笑)
GM:遠距離攻撃持ってる人は1回だけ攻撃できるチャンスを与えましょう。じゃアイヴィー、先撃っていいよ。
アイヴィー:(ころころ)19!
GM:だめ、避けらんない。
フィエラ:よし、殺せ! 殺せ! ブチコロセ! あのバカをブチコロセ!(一同爆笑)
GM:なんかインプみたいな口調になってるぞ(笑)
アイヴィー:(ころころ)ダメージ15!
GM:残り3点しかないよ!
一同:魔法だ! 魔法だ!
GM:じゃあニルヴァーナが魔法〜(ころころ)あ、全然出目が振るわない。
フィエラ:お〜い。
GM:回避で6以上振ったら、ハゲンティは逃げますのでご勘弁下さい。
アイヴィー:いっちぞろ! いっちぞろ!
GM:(ころころ)おおおおおおお、当たった?!
一同:よっしゃあああああ!
GM:4Dで11以上が出たら勝ち。(ころころ)あ、ハゲンティ撃墜(一同爆笑)
フィエラ:どーん! やー、ナイスだメビウス・ワン(笑)
GM:じゃあハゲンティやっつけました。
フィエラ:やったー! 漁れ漁れ!(笑)
GM:ハゲンティはすごくいいものを落とします。残念、[フェイト]が残っていれば。判定の出目15以上で「金塊(1500G)」とかいうありえないアイテムを落とすんですが。
フィエラ:15?! 2D6で15はでませんよ?!(悲鳴)
GM:でも出目7〜14で「偽賢者の石(400G)」なんで、頑張って振ってみましょう。ごー♪
フィエラ:待て待て待て待て、誰が振る?
アイヴィー:…………わたし?
一同:(爆笑)
フィエラ:それはちょっとなぁ〜。

 さすが、1ゾロに定評のあるアイヴィーの中の人。総スカンですよ(笑)

GM:ニルヴァーナはムラっ気のある出目を出してたのでオススメはしませんが。
フィエラ:……アタシかよぉぉぉぉ?! (覚悟を決めてころころ)……8っ!!
一同:おおー。
フィエラ:……じゃ、収支報告をしましょうか。

 ということでダンジョンで拾ったアイテムを換金するPCたち。今回は2150Gもの収入です。今回は頑張ったからねえ。
 さて、そろそろキャンペーンとして本筋の話になってきました。どうなるかな?

(to next scenario!)


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX