×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリアンロッドリプレイ #6−6

 〜強ボスと戦うロクデナシたち〜


 カード4枚が揃って、いよいよ最後のクライマックスに突入です。
 その前に、使ったフェイトを回復したいPCたちなのですが――。

フィエラ:さーて、あとはフェイトを回復しにいくだけかあ。は〜。

 フェイトの回復装置がある鏡張りの部屋。
 キキーモラ情報では、コピーが出てくるって話です。
 おいそれと回復できなくて、嘆息まじりのフィエラさん。

アイヴィー:さーて……どないしようかねえ?
フィエラ:どうするのかなあ……。部屋に入ったら、全員分出てくるのかしら?
アイヴィー:行ってダメそうなら、とっとと戻ってくる(笑)
フィエラ:それもそうね。……入ってみようか!
GM:(時間も押してるし、ここのコピーイベントはオミットするか)はい、じゃあ入っていきますと……何にも出てこないです。
アイヴィー:(拍子抜け)……あら?
フィエラ:(同じく拍子抜け)……キキーモラ、おいでー。
GM(キキーモラ):は〜い〜。ぱたぱた。
フィエラ:何も出てこないよ。
GM(キキーモラ):何でですかねえ?(首かしげ)
アイヴィー:警戒しながら進んでいこう。
GM:そうすると、部屋の奥に、水晶が、でーん。(キキーモラ)「これは、触れると1人1回だけフェイトが回復するんです。全快ですよ! ばんばん(興奮して両手ばたばた)」
アイヴィー:じゃあ、さっそく――
フィエラ:(さえぎって)待て! 触る前に! フェイトが余ってるなら、MPポーションをフェイト全部つぎ込んで飲めって話をしたいわけ。
アイヴィー:ああー! なるほどなるほど。

 HPやMPポーションをPC間でやりとりして、それぞれフェイトで回復サイコロを追加してぐびぐび。
 なんてフェイトの大盤振る舞い。
 しかも、全員の出目がすこぶる良くて、ちょうどHP全快だのMPかなり回復だの、嬉しい叫びが響きます。
 フェイトを回復に使い切って、水晶を触ってフェイトも全員全回復。

フィエラ:さあ、キキーモラ。あの、カードの向こうの部屋を掃除しに行くよ!(笑)
GM(キキーモラ):はーい〜。あ、じゃあせっかくなんで、助けてくれた皆様に、とっておきのお菓子を。
一同:お菓子?!
アイヴィー:それ食ったらHP回復ってんなら、怒るぞ(ついさっきフェイト使ってポーションで回復したばかり)
GM:ああ、回復はしない。HPが3点減る代わりに、与える物理ダメージに+1D6できる。
アイヴィー:……それ、お菓子って言うのか……?(汗)
GM:えらい辛いお菓子です。“はばねろ”とか書いてある。
フィエラ:(苦笑)。……要するに、消費アイテムなのね? じゃあ、もらっておこうかしら。これ、効果は1ラウンド?
GM:いや、シーンの終了まで。ラスボスの時に使ってくださいってこと。……はい、ではカード4枚使って、扉を開けました!
フィエラ:ぺか〜(カードを扉にかざす)
GM:扉が開くと、部屋があって……部屋の端にある檻に、いろんな人が捕まってたりするわけですが。
アイヴィー:老若男女問わず?
GM:うん、そうだね。もっとも、そんなに捕まっていないけど。4〜5人かな? その中に、フォボンじいさんの姿も見える。
フィエラ:で。
GM:で、頭が山羊で、武器を山ほど背負った魔族が1匹と、フクロウ頭の魔族が1匹。部屋の中央にいます。「ほう? この館に人間風情が入ってくるとは、驚きだ」
アイヴィー:フクロウ頭はマリグドライ? 《エンサイクロペディア》使って【エネミー識別】しまーす。武器持ってるほう。4の……11の……(ころころ)……19!
GM:えーと、こいつですな(と、ルールブックに掲載されているエネミー「ディブロウ」を指し示す)
アイヴィー:……げーっ! レベル10?!
フィエラ:は?! レライエ級じゃん!!
アイヴィー:これは……死ぬかもしれんね(乾いた笑い)
GM:言うほど強くないよ? 単体では。
アイヴィー:……オマエ、単体ジャナイジャン……。
フィエラ:んーとね……やばい。フツーにやばい。
GM:ディブロウです。ディアブロのことかな? とも思ったんですが、たぶん違います。きっとディブロウの“ロウ”は漢字です(一同笑)
フィエラ:ディブ郎(笑)
アイヴィー:(ルールブックを見つつ)けど、これでも中級魔族なんだ。

 さて、ついにクライマックスのラスボス。フィエラが言っている通り、ヤギ頭のディブロウは近接での肉弾戦闘が得意な10レベル魔族。フクロウ頭はストラス、こいつは5レベル魔族ですが、メイジとアコライトの能力を持つ魔法の使い手。バランスのいい、正統派の強敵を用意しました。
 なお、このセッションの時には、まだエネミーガイドは発売されてませんでしたので、ディブロウのデータは『ダブルイメージ』、ストラスのデータは『ドレッドダンジョン』掲載のものです。

GM:(ディブロウ)「面白い。お前らの武器を巻き上げて、俺の勲章のひとつに変えてやろう」で、横に控えてるフクロウ頭が、「ホゥホゥ。おや、あそこにいるのは神官らしいですぞ。神官の肝を食べると寿命が長くなるらしいですぞ。ホゥホゥ」……はい、では戦闘に入ります!
フィエラ:キキーモラは付いてきてるよね?
GM:うん。ビクビクしながら付いてきてるね。
フィエラ:……矢面に立ってくれとは言わないけど、魔法のランダム的になるのと、あと《インタラプト》を使ってくれないと、こっちが死ぬから(笑)
GM:行動は、魔族側が14と11なんで、こっちの方が早いね。
アイヴィー:か〜っ、きっつー。
フィエラ:それより早いのはキキーモラだけかよ。
GM:うん。キキーモラになんかさせる?
フィエラ:とりあえず、今は静観しててください。
GM:じゃあ魔族側。ディブロウは強そうな奴に向かっていくんで、のっしのっしと歩いてきて、フィエラに「ぬぅん!」と攻撃。(ころころ)22と言って攻撃。
フィエラ:フィルボルが強そうに見える時点で、アンタ頭おかしいような気がしないでもないんだが(笑)。
GM:でも、他が魔法使い(ニルヴァーナ)・神官(アイヴィー)だからね。
フィエラ:あー、そうか。……魔法使い、カタナ持ってんじゃん!(笑)
GM(ニルヴァーナ):カタナ今構えてないもん!(笑)
フィエラ:(ころころ)避けらんないねえ。
GM:ダメージが――こいつ、あんまりダメージの幅が広くないのよ。26点。
フィエラ:6点抜け。
GM:ほら、たいしたことないでしょ?
フィエラ:後ろのフクロウが、何魔法使ってくるか分かんないから怖いんだよー!
アイヴィー:じゃ、次フクロウの【エネミー識別】するね。
GM:フクロウはどうしようかなぁ……(どっちかってえと《プロテクション》役なんだよな)。今回、様子見にしよう。「ホゥホゥ。ディブロウ様だけで大丈夫でしょう」
フィエラ:じゃあ、アイヴィーは次のメジャーアクションでフクロウの【エネミー識別】お願い。とりあえずアタシは殴ってみよう。(ころころ)うわっ、酷っ! 7……16しかない。
GM:それでもこっちの回避の出目は11以上だよ。(ころころ)避けられない。
フィエラ:(ころころ)ダメージ18点。
GM:18点ね。じゃあ、後ろに控えていたフクロウ頭が《プロテクション》。(ころころ)12点止め。ダメージ抜けない。
フィエラ:《プロテクション》って1回でMPどれくらい使うの?
GM:1回あたり3点。
アイヴィー:コストパフォーマンス、かなり優れてんるんだよなコレ。こっちが使う分にはいいけど(笑)
フィエラ:(唐突に叫ぶ)あー、このフクロウだけおびきだして、あそこのガムテープシューターの部屋に突っ込ませてぇ!(一同爆笑)
GM:それはちょっと無理だな〜(笑)
フィエラ:キキーモラを周りでちょこまかちょこまかさせて、「えーいなんですか、このウザイ小娘は! ホゥホゥ!」って追いかけてったら、ガムテープシューターだった、って(笑)
GM:このフクロウは頭がいいんで、そんな手に引っかからないです。スペクターとは違います(笑)

 続く、「銃を装備しないで行動値のマイナス分を打ち消した」(笑)アイヴィーがフクロウ頭を調べ、ストラスと看破します。

アイヴィー:レベルは高くない……けど、魔法が問題なんだよ。
フィエラ:《アースブレット》5!!
アイヴィー:《マジックブラスト》に《コンセントレイション》……《プロテクション》3ん?!
フィエラ:……あ、でもMPは60なんだ。
GM:《アースブレット》も使ってると、MPがあっという間になくなっちゃう。
フィエラ:……ていうか、こいつそんなに回避とか高くないよね? じゃあニルがストラスに張り付いて、ガンガン殴ってもらおう。……あ! キキーモラも一緒に張り付いてもらって!(一同笑)
GM(キキーモラ):「え?! ちょっと待って、わたしも殴るんですか? ホウキ壊れますよ?!」
フィエラ:大丈夫、大丈夫。新しいの買ってあげる!

 そーいう問題じゃありません(苦笑)。GM的にそんな便利なNPCの使い方は許しません!

 

フィエラ:とりあえずキキーモラは、万が一《マジックブラスト》で魔法が拡大されて飛んできたら、死んでくださいということで。
GM:えー?
アイヴィー:「さあ! 世界の平和のために盾になるのよ!」とか言って。
GM:ひ、ひどい。
フィエラ:あまりにひどすぎる。
GM:じゃあ、ニルはマイナーで移動して、ストラスに攻撃。
フィエラ:《プロテクション》を貫通するほどのクリティカルをぜひ。6が3つ出ればいいだけの話ですよ。
アイヴィー:人間、根性さえあれば何でもできない!
GM・フィエラ:ぱぁん!(アイヴィーにダブルでツッコミ)
アイヴィー:ちゃんと「何でもできない」って言ったじゃあん!
GM:意味が分かりません! (攻撃と回避などのサイコロころころ)えーと、19点で、9点抜け。ストラスは《プロテクション》使おう……(ころころ。サイコロ3つ振って出目が全部1)あれ? 3点しか軽減できない?(一同爆笑)
フィエラ:やったああああああああ!! 6点抜けたよっ?!(笑)
アイヴィー:おおおおおー。
GM:え〜? 「痛いですね、ホゥホゥ!(怒)」
アイヴィー:よくやった!
フィエラ:いや〜、ニルはね、ダメージ貫通のプロなんだよ(笑)
GM:次のターン……そうか、ディブロウの方が早いのか。
フィエラ:ん、そうだね。避けるしかない。
GM:うらー!(ころころ)あ、回った。
一同:あ。
アイヴィー:《プロテクション》、ぷろてくしょ〜ん。
フィエラ:……さっきの攻撃で……ダメージが20+2Dだったから、クリティカルで+2Dされて20+4D……ダイス分が大体13〜14ダメージだとして……(ぶつぶつ)
GM:2D増えるから、期待値的にはダメージが7点増えるわけだね。
フィエラ:……《プロテクション》が1回かかれば同等なのか。とりあえず普通に避けてみよう。6ゾロ振ればいいだけっ!(ころころ)
GM:さすがに出ませんなあ。
アイヴィー:まあ、全部1ゾロよりマシ(笑)
フィエラ:そしたらフェイト使って振りなおすわ(笑)
GM:じゃあ20+4Dなんで〜(ころころ)4が3つの……32点。
フィエラ:12点抜け。
アイヴィー:《プロテクション》使用! ぴろりらりら〜♪ ……また1を3つ出したらごめんね〜(笑)
フィエラ:そしたら泣く。ホント泣く。
アイヴィー:大丈夫。8点止め。期待値よりちょっと低いくらいだからカンベンして。
GM:んー、じゃあホゥホゥ(=ストラス)はどうしようかなあ。ホゥホゥ、ホゥホゥ。はいおしまい(笑)
フィエラ:また様子見かい(笑)
GM:様子見です、ホゥホゥ。「私は頭がいいので有名なんですよ? ホゥホゥ」
アイヴィー:で、何もしないうちに額に穴が開いて、「ホッホゥ〜?」(一同爆笑)
GM:あれ? オチが見えてる?!
アイヴィー:そのうち、焼き鳥にされて、ぐるぐる炭の上で回されて焼かれて食べられるんだな。
GM:ひ、ひでえ。
フィエラ:……そこまで、やってやるなよ……(笑)
アイヴィー:だって相手魔族だから、いいじゃん(笑)
GM:魔族にそーいうことをしていいのかっ?! 人としてっ!!(笑)
アイヴィー:だってねえ、暴力を振るっていいのはねえ、魔族とねぇ――
フィエラ:暴力を振るっていいのは、魔族とサイコパスだけですよ?(一同爆笑) さ、《フェイント》使って殴るよー。(ころころ×2)……クリティカル、出ない……出ない! 21。
GM(ディブロウ):「そんなもの、避けられるわけなかろう!」
フィエラ:ダメージは17点。
GM:ホゥホゥ(ストラスの《プロテクション》処理。ころころ)。14点止めの……合計で24点止まるんで、ノーダメージ。
フィエラ:む、すばらしい。……こーやって、奴のMPを削っていくしかないぞ?(笑)
アイヴィー:とりあえず、武器持って撃つ。《ブレッシング》使うときには銃捨てるから。
フィエラ:そのコンボは、ニルヴァーナが《マジックフォージ》使うときだけでいいんだよ(笑)
GM:どっちを撃つの?
アイヴィー:ん? フクロウ!(ころころ)ん〜と、6の……9の……13!
GM:はい、じゃフクロウ博士撃たれました。(ころころ)避けられません。
アイヴィー:はい死んでー。
GM:フクロウ博士はそんなことでは死なないのですよ! ホゥホゥ!(《プロテクション》を使う)……抜けない。ノーダメージ。
アイヴィー:よし、この調子でどんどん《プロテクション》使わせていこう。
GM:(ストラスの残りMPから使用回数を計算)……「あと16回も《プロテクション》使えますよ! ホゥホゥ!」
フィエラ:大丈夫、大丈夫。MPが切れれば、こいつただのダルマだから。
GM(ストラス):「……ホポゥ?」(一同爆笑)
フィエラ:だって、物理攻撃で大したもん持ってないもんね。
GM(ストラス):「青ポーション持ってたりしたらどうするんですか、ホゥホゥ!」
フィエラ:アタシらが奪って飲むー!
GM:がーん!!
アイヴィー:キキーモラに飲ませるー!
GM:……無駄(笑)
フィエラ:アタシらに飲ませてよ。ものすごい無駄だから(笑)

 ちなみに青ポーションはMPポーションのことな(ROの青ポーションはMP回復)。
 とはいえ、確かに戦いは、どちらかの陣営のMP切れが趨勢を分けることになりそうです。
 ディブロウが《マススラッシュ》でダメージを増やして攻撃すれば、フィエラは《ダンシングヒーロー》にフェイトを使って攻撃を避け。
 続くフィエラの攻撃はクリティカルしたものの、出目が振るわず、再び《プロテクション》に阻まれる。
 ニルヴァーナがカタナでストラスに殴りかかり、《プロテクション》をかいくぐって1点ダメージを与える。ホントにダメージ貫通のプロだ、魔法使いだぜ?(ストラス:「腹立たしいですね、このエルダナーンは。ホゥホゥ」)

フィエラ:エルダナーンが物理攻撃一番強いってどういうことだよ(笑)
アイヴィー:撃ちま〜す。(ころころ)15。
GM:ストラス、避けは2Dしかないんだよ。はい当たった。
フィエラ:(出目が)12! 12!
アイヴィー:(ころころ)13!
フィエラ:わお、ダメージ13点しかない!(笑)
アイヴィー:そっちが変なコールかけるからだろがー!(笑)
フィエラ:アタシのせい?!(笑)
GM:……5点しか抜けないなら、《プロテクション》使いませんよ、ホゥホゥ!
アイヴィー:けど、ダメージ受けた。
フィエラ:ダメージ受けた。……バカだなあいつ(笑)
GM(ストラス):「アッタマきましたよホゥホゥ!」(一同爆笑)
アイヴィー:どっちみち、当たればHPかMPのどっちか減らせるんだから。

 しかし、正直なところ、戦闘は膠着状態です。
 ストラスのMPが切れるか、どっちかにクリティカルでも出てダメージが大きく抜ければ――

GM:じゃあ次のターン。ディブロウが《マススラッシュ》で攻撃。「鬱陶しいフィルボル、散れっ!」(ころころ)21と言って攻撃。
フィエラ:にじゅういち?! う〜ん……(サイコロを手の中でじゃらじゃらさせつつ長考)3Dで15以上……。ここでフェイトばんばん使っちゃうと危なさそうだから、いいや。(ころころ)よけられません。
GM:ダメージが……38点!
アイヴィー:《プロテクション》いきま〜す! 10ポイント軽減。
フィエラ:うわ、8点も抜けるよ?
GM:(うん、ちょいと大きなダメージ抜けたな。畳み掛けてみよう)じゃあ、行動値11でストラスが「今! このときです!」《アースブレッド》を《マジックブラスト》で拡大して攻撃。
フィエラ:ん。じゃ魔法を《インタラプト》。
GM:……あれ? 消されましたよ?(笑)
フィエラ:これで使えないでしょ? はい、しゅーりょー!(笑)
GM(ストラス):「ぬううう、そんな技を持ってるとは!」
フィエラ:……そして、もう1回《インタラプト》はあるのだ!(キキーモラを指しつつ)
GM:あ、しまった、まだそいつの分があったわ。
フィエラ:ストラス、これで何点消費した?
GM:9点消費した。
一同:よっし!

 この攻防で、一気に流れがPC側に傾きました。
 続くニルヴァーナの武器攻撃はクリティカル! クリティカルで+2D、さらにフェイトまで2点突っ込んで+2D、合わせて7Dもの斬撃がストラスを襲います――魔法使いキャラなんだけどなーこいつ。《プロテクション》で軽減しても、14点がストラスに抜けていきます。
 続くアイヴィーの銃撃は、命中するもいまいちダメージが走らず14点のダメージ。でも、逆に中途半端に物理防御を抜けるダメージの方が、《プロテクション》で消すか、それともMP温存のために敢えて食らうか迷ったりするわけで(笑)

アイヴィー:HP減らしたほうがいいんじゃな〜い?(笑)
GM:「やかましいですホゥホゥ!」まあいいや食らおう。6点抜け。
フィエラ:よしよし。これでニルの《マジックブラスト》が炸裂したときに、さくっと死んでくれるぞ(笑)
GM:(ディブロウの攻撃サイコロころころ)……低ぅ〜。なにこれ〜? 19だって。9+4Dで19ってなによ?!
フィエラ:そら知らんがな(笑)

 結局避けられた挙句、フィエラからはクリティカル攻撃を貰い(その上、武器の能力でダメージ魔法化、フェイトまでつぎ込まれる始末)。
 7Dの魔法ダメージ33点、魔法防御4点分に加えてストラスが《プロテクション》で10点軽減しても、19点という重たい点数が貫通するわけです。しかも、そろそろストラスは《プロテクション》が使えなくなりそうな。
 まあ、まだディブロウのHPは100点以上あるけどさ。このダメージが初撃だし。

フィエラ:こんだけ全力で攻撃しても19点しか抜けないの?!
GM:《プロテクション》あったからねえ。
フィエラ:(絶望の嘆息)か〜っ……。ヤバイっすよ。先にフクロウ倒したほうがいいのかねえ?
アイヴィー:じゃフクロウ全力で倒す?
GM:そろそろニルヴァーナの《マジックフォージ》の時間ですか?
フィエラ:だってまだ《プロテクション》使えるんでしょ? まだいいよ――ん? フクロウが死に掛けてるのか?
GM:ストラスはHP28点しかない。
フィエラ:じゃあ《マジックフォージ》のせて《マジックブラスト》だね。
GM(ニルヴァーナ):じゃあ、《マジックブラスト》で範囲を拡大して《ファイアボルト》のダメージを《マジックフォージ》で上乗せ。(ころころ)22といって魔法攻撃、(ころころ×2)よけられるわけがない! 《マジックフォージ》でダメージが4D上乗せ、合計8D。
アイヴィー:で、あとフェイト。
GM:もちろん使うよ? フェイト2点。ダメージが10D! 究極《ファイアボルト》10D!
フィエラ:しかも範囲攻撃。
GM:どーん!(ころころ)あ、割と高い! 何これ、割と高くね? (計算中)……33点の魔法ダメージ。

 余談ですが、10Dの期待値は35なので、実は高くない(苦笑)。
 あと、《マジックブラスト》は、単体へ攻撃する魔法を「範囲(選択)」にする魔法で、アリアンロッドにおける「範囲」とは、すなわちエンゲージを指すものです。なので、ルール的にはエンゲージが別のディブロウとストラスにはいっぺんに当たらないのです――が、GMもすっかり失念してるから、まあいいか。
 エンゲージが隣り合ってれば、当たりそうなもんなんだけどねえ。

GM:どっち守ろう。ディブロウか、自分か。自分守ってもなあ――ん? 自分守れば、まだ《プロテクション》使い続けられるのか。じゃあ自分に使おう。ディブロウは29点抜け。HPが73点までになっちゃった。
アイヴィー:おお、一気に。
フィエラ:うんうん、よしよし。
GM:じゃ、自分を守るために《プロテ》――
フィエラ:(遮って)キキーモラちゃん《インタラプト》!
GM(ストラス):「……え?!」(一同爆笑)
フィエラ:やったー! 死んでくれたー!(笑) あ、でも2〜3点残っちゃうのか。
GM:自前の魔法防御が8点あるからね。残りHP3点しか残ってません。
アイヴィー:で、銃でぼーん!
フィエラ:フェイト突っ込んだ銃で殺せばいいんでしょ?
GM(ストラス):「ホゥ?! 《インタラプト》2回ってせこくないですか?」(一同笑)
アイヴィー:アイヴィー、いっきまーす! 6ゾロ出したらごめんね!(笑) 6の7の……11!
GM:うん、避けられない。
アイヴィー:じゃ、フェイト2点突っ込むよ? 念のため。
GM:どうぞ。3点突っ込んでもいいんじゃね?
フィエラ:【幸運】の値までだから、4点まで突っ込めるね。
アイヴィー:4点突っ込む? でもそこまでする必要ないでしょ。
フィエラ:うーん、そうだね。じゃあ2点で――え、ちょっと待って? ダメージ17点が期待値なんだよね? で、ストラスが《プロテクション》使うと10点軽減として、物理防御力が8点だと、ダメージ0になっちゃう。最低3点抜けなきゃいけないから、フェイト3つくらい突っ込んどいた方が安全かなあ。
アイヴィー:んじゃ3つ突っ込む。じゃあいっきまーす! 5Dだね。うりゃ!(ころころ)
一同:お!
GM:5Dのうち、6が3つも出てる!
アイヴィー:うーんと、6×3=18の……23の……33ポイント。
フィエラ:はっはっはっは。死んだな(笑)
GM:とりあえず《プロテクション》で11点止めて……どうやったって死にますよ?(一同笑) 「フ、フクロウ博士の威厳がああああ?!」……はい、やられた。
アイヴィー:何だかんだ言って、銃けっこう役に立ってる!(笑)
フィエラ:こ、今回のシナリオでは役に立ってる! 何だ、銃役に立つじゃないか!(笑)
GM:アルケミスト辞めた瞬間に役に立つ銃! どういうことですか!(笑)
アイヴィー:そうだよ! こういう風に使い分ければ良かったんだよ、最初から!(一同笑)

 銃に見切りをつけて転職した途端に、効率の良い使い方を発見するアイヴィー。なんて残念な奴(笑)。
 それにしても、アイヴィーが預言したとおり、ホントに銃でトドメをさされたぞ、ストラス。
 こうなると、残ったディブロウはダメージ軽減の手段がありません。《マススラッシュ》で42点なんてフィエラが死に掛けそうなダメージが出たものの、アイヴィーの《プロテクション》で13点防がれるわ、フェザーアーマーと《加護》3つ分で20点が弾かれるわ、結局抜けるのは9点ぽっち。
 とはいえ、防御がっちがちのフィエラもディブロウの攻撃を6ゾロ以外で避けられるわけでもなく、アイヴィーのMPも少なくなりつつあり。でかいダメージをでかい防御と《プロテクション》で止め、《ヒール》で抜けたダメージ分を補う拮抗状態。
 フィエラの攻撃とニルヴァーナの魔法でディブロウを倒しきれるのか?!

フィエラ:《フェイント》《フェイント》! (ころころ)クリティカル出た!!
GM:うお、出しやがった! 魔法ダメージ化する?
フィエラ:もちろん! ダメージ5Dで……もう、残ったフェイト1点つぎ込むしか。ああ〜、ドロップ品の判定に取っておきたかった……。
GM:そんなせこいことすんなあ!(笑)
アイヴィー:ドロップ品判定は結構重要だぞー?
フィエラ:こんだけ強いんじゃ、とてもじゃないが、やってられん。基準3Dのクリティカルで追加2D、フェイト1点使って更に1D。これで30点以上は欲しいな。(ころころ)……うわ〜大したことねえ! え〜っと……28点!
GM:28点! 魔法ダメージ化してるのか! 52から24点抜けて――
アイヴィー:残り28。
GM(ニルヴァーナ):じゃ《ファイアボルト》。(ころころ)回避できなくて(ころころ)ダメージ4Dで(ころころ)15点。だから11点抜け。残り17点!
フィエラ:あとちょいだなあ。
アイヴィー:とりあえずハイMPポーション飲んどきまーす。んっがっぐっぐ♪
GM:回復のダイス目が1・1・1・1とか。
フィエラ:アイヴィーだからありうるかもしれんが、それはない!

 これまでディブロウが連発で放っている《マススラッシュ》も、結局クリティカルが発生することもなく。しかも出目が奮わずに避けられる始末。
 フィエラの短剣でざっくり刺されて残り9点。そして続くニルヴァーナの魔法は、4D振って――

一同:えええええええええ?!
フィエラ:6・6・6・5って何いいいいいいいい?! もっと早く出しなさいよアータ!!(一同爆笑)

 スーパー最初にそのダメージ出せタイム。何というオーバーキル。サイコロの出目は思い通りにならんとはいえ、確かにもっと早く出せ、と。

GM(ディブロウ):「ラストでこれかああああああああ?!」(一同爆笑)
フィエラ:ぼ〜ん! 燃え盛るディブロウ。 あのーすいません、ダガー2本抱えて、「……なんだこの断末魔は」って(笑)。やべ〜、考えうる《ファイアボルト》の最大級ダメージが出てるぞ……。
一同:(笑)
フィエラ:銃、乙!(笑)
GM:さて、ではドロップ品の決定です。
フィエラ:さあ〜、残ったフェイトを全部つぎ込むがいい〜!!(爆笑)

 結局、ここぞとばかりにディブロウのドロップ品に2点、ストラスには1点フェイトを突っ込むPCたち。それぞれ一番いいドロップを入手したのでした。

アイヴィー:あ、爺さん爺さん!
フィエラ:他に何人捕まってるんだい?
GM:4〜5人(一同笑)
フィエラ:テキトーか! 残りは超エキストラ扱いじゃねーか!(笑)
アイヴィー:う、うら若き乙女は?
フィエラ:オマエ女だろ! ばあん!(ひっぱたく)
アイヴィー:女が女の子を好きになっちゃいけないんですか!(笑)
フィエラ:……ニルヴァーナくん。こいつを他の神官と取り替えようかと思うんだが(笑)

 とりあえず、館のトリモチを幸せそうに掃除し始めるキキーモラを残し、捕まってたフォボン爺さんほか4〜5人とともに帰還するPCたち。
 さて、これからどうなるのか! どうするのか?
 GM的にもドキドキだ!(考えろよ)

(to next scenario!)


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX