×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨコハマ赤牛紀行(F1の巻)

横浜に!
 行ってきましたー!!

 ……はい、ということで。
 以前の雑記にも書いたとおり、F1レッドブルが震災復興支援イベントで横浜市の元町商店街を走行するとのことで、朝早くから電車を乗り継いで見に行ったのでした。


 前日は定時ちょい過ぎくらいに退勤して余力キープ!щ(゚Д゚щ)

 デジカメも携帯もバッテリー充電済み!щ(゚Д゚щ)

 元町へのアクセス方法もチェック!щ(゚Д゚щ)

 チャリティーで販売するTシャツ購入のための現金もOK!щ(゚Д゚щ)


 よし行こう! いざ横浜!

 ということで、5日間の仕事疲れでめちゃくちゃ朝寝坊したくてしたくてしょうがない身体に喝を入れ、普段会社に出勤するのと同じ5時過ぎ起床の6時出立でお出かけ。
 イベント開始は9時からとのことで、途中で交通トラブルがなければ、現地に1時間前の8時に到着する時間設定です。

 ホームで朝ご飯代わりのカロリーメイトを齧り、東京駅から横浜まで出て、そこからみなとみらい線で元町中華街駅へ。
 べつだん迷うこともなく、すんなりと元町へ降り立つことができました。


●朝8時に会場に着くと。
 駅を出ると、お巡りさんが交通整理をしています。
 人の流れも出来上がってて、あー、こりゃ迷わずに済むな――と思いながら人の流れに身を任せて歩いていたら。

 すでに。
 歩道が人でぎっちぎち。

 大通りではなく普通の商店街ですから、おしゃれな石畳とはいえ、道路幅は広くないのです。
 むろん、歩道も推して知るべし。普通ならゆったり歩ける幅でしょうが、観客でぎっしり埋まってて、人ひとりが通行できるのがやっとの幅しか空いてないのです。

 うは、無料なのと、F1人気を侮ってた!
 開始1時間前ならスムーズに見られるかな、なんて甘かった!


 とりあえず、通りを渡った元町商店街の山手側の歩道はまだ余裕がありそうだったので、通りを渡って、まだ何とか走行するマシンを見ることができそうな位置へ。
 それでも3〜4列目という位置取りです。デジカメは用意してあるけど……写真、撮れるだろうか……。

 刻一刻と増え続ける人、人、人。
 商店街のお店で勤務してる人でしょうか、お店の建物の2階の窓からとか、屋上からとか眺められる位置にもちらほら人がいました。うらやましい。

 そうこうするうちに8時30分。
 天舞が位置取りしたのはプレス席付近だったんですが、エアーが入れられてレッドブルのゲートが屹立。

  

 歩道に観客ぎっちりですよね。
 これが、元町商店街500メートルくらいずっとぎっちりだったのです。
 天舞が到着したころは、まだなんとか人が通れる余裕があったんですけどね。
 このころになると、歩道に人が歩くスペースなどなくなってました。


●んで、ついに9時。
 DJの明るい声で開催が宣言され、横浜市長と、元町のある中区の区長、そして今回のドライバーであるセバスチャン・ブエミが車に乗って登場!

  

 もっとも、F1を熱心に見なくなってから長いので、天舞は残念ながらブエミというドライバーを知らないのです。すまん、ブエミ。調べたらこんな戦績でした。ちなみにレッドブルとトロロッソは姉妹チームなんだと。

 この後ろに、市長が乗ったオープンカーと、区長を乗せた車が通るのですが、これから走るドライバーのブエミならともかく、にこやかに手を振って観客にアピールする林文子横浜市長と、「こいつ誰?」という観客の視線の温度差が(苦笑)。

 で。
 ここでトラブル。
 本来なら、車でパレードしたブエミたちがUターンして戻ってくるというお目見え往復パレード(ドライバーにとってはコースチェックも兼ねている)なんですが。
 あまりに観客が多すぎて、Uターンがスムーズに行かないのです。

 もたつきつつUターンして戻ってきたのですが、どういうわけかちょうど私の陣取ってる付近で車両が再び停止。

 そしたら、ルーフウィンドウから身を乗り出してアピールしてたブエミ、車を降りて、走って観客にアピールしにいくじゃないですか!
 戻ってきてからも、ファンサービスを忘れず、手を振って笑顔を振りまくセバスチャン・ブエミ。

 あんたいい人や!

  

 ちょうど目の前で止まって、ファンサービスをしてたブエミ選手をデジカメでぱしゃぱしゃ。



  

 ちなみに彼が乗ってた日産インフィニティ
 ドアにはレッドブルのオフィシャルチームパートナーのロゴが刻印されてました。


●パレードが終わり、市長などが挨拶している間にブエミがマシンに乗って準備するという流れだったのですが。
 ここで残念なお知らせが。

 当初は走行2回(行って帰って、の往復で)という話だったのですが。

 あまりに混雑しすぎて、急遽走行が1往復だけに変更とのこと!


 マジデスカ!


 観客から発せられる残念さをあらわす落胆の声。
 2回の往復走行なら、デジカメで撮影するチャンスが4回あったのですけど。
 この混雑の中、果たして写真なんか取れるんだろうか。

 とりあえずデジカメを構えて待つわけですが。
 響き渡るエキゾーストノート。
 テレビでF1見るときとまったく同じ、あの甲高い音が鳴り響くのです。

 しかし。
 普通の車のエンジン音なら、聴きなれている分、どれくらいで近づいてくるか大まかにでも分かろうものなのですが。
 F1のエキゾーストノートを生で聴くのなんか生まれて初めてです。
 観客で埋め尽くされて近づいてくるのが見えない中、音で接近を感知するのは至難の業!

 そして往路の撮影チャンス!

  

 シャッター早かった!
 周りに観客がいなければそれなりにベストショットだったんでしょうが、伸ばされた手で車体が隠れてしまいました。
 タイヤしか写真に写ってません。

 あっという間に目の前を駆け抜けていくレッドブルマシン。
 日本初の公道お目見え走行でゆったり走るかと思いきや、まったくそんなことはないのでした。

 にしても、ファンサービスの一環なのか、目の前でアクセルふかしたんですが。

 ホントに“爆音”なのな。

 ほら、街中で暴走族どもが違法改造してマフラー取っ払った車が騒音立ててることがあるじゃない。
 あれも爆音と形容されることがあるけど、あんなんの比じゃない。
 音が壁になってぶつかってくるくらいの爆音なんですよ。


●そしてマシンは端まで走行し、再び戻ってくる復路のターン。
 写真を撮りにきたわけじゃないけど、でもできれば写真撮りたい!

 さっきはシャッター早すぎたから、こころもち、遅めに。
 しかし往路は観客の頭越しにまだ先が見通せたものの、復路はまったくもって見渡せない。
 写真撮れるか?!

 目の前をマシンが通り。
 ここだシャッター!


 ……前から感じてたんですけど。
 デジカメって。
 機械じかけではなく、電気信号のプログラムでシャッター落とすから。
 シャッター押してから、実際にシャッターが落ちるまでに、ほんのちょっとタイムラグがあるんですよね。


 結論:撮り逃がし。

 今度は遅くて、撮影できたのはマシンが通り過ぎた後だったのでした。


●で。
 これでイベント終了。

 もともと朝9時から9時40分までのイベントですから、あっさり終わってしまうのはしょうがないところ。
 観客席からは「もう一回! もう一回!」コールがあったのですが、2回目の走行はなかったのでした。

 天舞は写真撮れませんでしたので、Webのニュース(その1:写真多め)(その2:ワントライになっちゃった)と、twitterのベストショット、あとYouTubeに上がってる動画をご覧になって雰囲気を感じていただければと思います。

  


●でも、11時からチャリティイベントがあって、そこで2500円以上募金するとTシャツもらえる(要するに2500円でTシャツを買っているんだけど、震災復興イベントなのでそういう扱い)のと、そのチャリティイベントでさっき走ったレッドブルのマシンを路上駐車して撮影できるようにするって話なので、それまで時間を潰すことに。
 それにしても移動する観客で道がごったがえしてわやくちゃな状態です。歩行者が多すぎて一般車両が通れなかったりして、開催スタッフやら交通整理に駆り出されている警察官やらが拡声器とか使って誘導していました。


 とりあえず、時間になるまで横浜ぶらぶら。
 急な坂を上って山の手に出て、カトリック山手教会とか、元町厳島神社とか、エリスマン邸とか立ち寄ってみました。
 しかし天気が良いお陰で気温が高くて、ちょっとバテ気味。

 時間を潰して元町に戻ってきたわけですが。
 もともと、元町チャーミングセールという期間で、その最終日だから混雑してる上、F1目当てで来た観客が多すぎて収集がつかない状態なのか、「安全が確保できない」という理由で――


 ・マシン展示の中止
 ・チャリティのTシャツ販売の開始未定


 という状況に。


 ガ━━━━━(゚Д゚;)━━━━━ン!


 な……なんか、ここまで来た意味の半分くらいが消えてなくなった……。

 がっくりしながら、致し方なく中華街へ。てきとーにご飯を食べることにしました。
 目に付いた混んでなさそうなお店でランチセットをお願いしたら、やたらめったら出てくるのに時間がかかって、これまたげんなり。
 ただでさえ仕事の疲れをおして早起きして来た分、眠くなってきてしまい。
 もーいいや、会社の人たちにお土産買って帰ろう、とテキトーに選んで、帰りがけに中華街でイベントやってるのを眺めて。

 いちおう念のため、元町に戻ってチャリティのTシャツ販売やってないか見に行ったら、朝の混雑が解消されたからか、販売を開始しているじゃないですか!

 募金扱いでお釣りが出せない扱いで、1枚2500円。
 財布を見たら諭吉さんしか入ってなかったので、近くで崩してTシャツ買って帰宅したのでした。

 それにしても、疲れた疲れた。


 F1以外の内容を中心にした、中華街とか見て回った内容はこちらへ。


→企画へ戻る

→TOP
→INDEX