×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2008年1月:蓬莱神頼み編
――Presented by “MIYA Amamai”,and FMM corporation. menu previous next


2008.1.2 来年はデジカメ持って行こう  

明けました。

 ということで新しい年の始まりです。
 今までは「年末商戦が明けて31日は年始の福袋の用意、年明けは一人はっちゃけて福袋の販売と盛り上げ」という、せわしないうえに心身ともに疲れきった正月ばっかりだったので、穏やかに年末年始を過ごせるのはいいことです。

 代わりにノロウィルスと格闘してたけどな。

 何かもう、上・上・上・下・上・下・下みたいな感じでひどい目にあってましたからね。格闘ゲームのコマンド入力かよ! もっともピークはクリスマス直後だっし、それ以降は下ばかりだったのでそんなに苦しくなく、今はほぼ健康体です。


●ところで平和な年末年始だったので、ここ数年ご無沙汰していた初詣に行ってきました。ホントに何年ぶりだろう? そう思ってサイトの過去ログを読み返してきましたが、どの年にも「初詣行ってないよ!」みたいなことしか書いてありません。社会人になってから初詣したことなかったみたいですよ天舞は。この罰当たりめ。

 地元の神社(近くに2つあるのですが、県社である大きな方)はちょっと前に立て直したり整備したりとか、また参拝客を本殿まで入れるのが午前0時になってからに変わったりとか、天舞が初詣をサボってる間にいろいろ変化があったみたいです。
 まあ、日付が変わると同時に家族に新年の挨拶をして、すぐに初詣へ。毎年とても混むのですが、今年はどれくらいで帰ってこられるだろうか?

 白い息を吐きながら、件の神社に行ってみると、案の定大行列。そして毎年のごとく、髪を脱色したチャラい兄ちゃん姉ちゃんたちがこの寒い中騒いでいるわけです。元気だねえ。
 若いお姉ちゃんの集団の一人が、飲みすぎたのか「気持ち悪い!」と大声で連呼してました。天舞から言わせれば気持ちだけでなく頭も悪いと思うのですが、新年だし大目に見てあげるべきでしょうか。

 しかし出店の数の減ったこと、減ったこと。天舞が子供のときは、参拝客の並ぶその両サイドに、隙間なく屋台が並んでたものなのですが、いまやぽつぽつと存在するばかり。

 寂しいねえ、などと思いつつ、4列で並ぶ行列に加わり、少しずつ少しずつ本殿へ――


 本殿のある門に着くまでで1時間30分かかりました。


 寒い! さすがに寒いぃ!
 ある程度寒さ対策はしていったのですが、1時間くらい並んでたら足腰ががくがくに冷えました。やっぱり寒さは下から来ますね。しかし、列の最後尾から本殿までせいぜい300mくらいしかないというのに。混雑の度合いが分かろうというもの。
 最初は普通に並んでいたものが、だんだん伸びをしたり、肩を回したり、膝を曲げ伸ばししてみたり、動いてないとやってられない。

 やっとこさ本殿まで入れ、並んだ列から手水を眺め(本来は参拝する前に手口を清めなきゃならんのだけど列から外れるし寒くて真水に触れたくないからパス)、門の先にある茅の輪をくぐって(本来は3回くぐるべきなんだけど、行列が輪っかを貫いてるので3回くぐるヒマがない)、お賽銭を投げ入れ(ちゃんと二礼二拍手一礼してきましたよ)参拝してきました。地元の神社は除夜の鐘を参拝客に突かせるサービスもやってるのですが、さすがにそれはやってきませんでした。というより何回突いてるんだよ除夜の鐘。10秒に1回突くペースでも18分で打ち終わります。すでに午前2時、108回じゃきかないぞ?

 お神酒を配っていたので頂いて、お神楽までやってたので眺めてきました。列に並んでるときも音楽が聞こえてきたので、新年明けてから2〜3回やってたようです。初めて見ましたよ。しかし巫女さん(ここの神社の娘さんです。らきすたの柊姉妹みたいに双子じゃないですが)もこの寒い中、こんな夜遅くまで大変だ。練習とかしたんだろうなあ。

 もし初詣まだの方はこんなのを一通り見て、作法どおりに参拝するのもよろしいのかもしれませんね。

 ついでなので、おみくじも引いてきました。末吉でした。「自分からことを起こすな」「待ち人は来るが遅い」「商売は下がる」などなど、悪くはないんだけど、あんまりいいこと書いてない……。まあ末吉だしなあ。そういや破魔矢やおみくじを販売している巫女さんたちはいつまで起きてなきゃいけないんだろうか。明日も朝から参拝客がくるだろうに。

 で、都合2時間以上も寒空の下にいたら、そりゃもう全身身体の芯からがっちがっちに冷えまして。出かける前に入っていった風呂を沸かしなおしてどっぷり浸かる羽目にあいました。いやホント寒かったよ。


●ところでお賽銭なのですが、入れる金額にはそれなりに意味があるそうでして。「五円=ご縁がある」というのはよく知られていますが、

 一五円なら十分ご縁がある。
 二五円なら二重にご縁がある。
 三五円なら皆にご縁がある。
 四五円なら始終ご縁がある。
 五五円ならいつでもご縁がある。

 だそうでして。
 さらに、

 六五円だとろくなご縁がない。
 七五円だとなんのご縁がない。
 八五円だとやっぱりご縁がない。
 九五円だとこれでもご縁がない。


 なんだそうです。
 ところで一万円入れると「円満」で一番よろしいらしいのですが、さすがに賽銭箱に万札を投入できるほどブルジョワジーではないのでやったことありません。ていうか小市民なのでお札を投入することすらムリです。

 
2008.1.3 いくら年初めだからって  

●今年の年末年始はぐーたらしっぱなしです。特に年始は起きる→ご飯→二度寝→お昼→ご飯食べてテレビorPCorゲーム→ご飯→お風呂→寝るというひどい状態。そしてお正月なので食事はそれなりにご馳走なのです。
 自重しなさい、と自分に突っ込むくらいぐーたらですよ。

 ところで我が家は、どういうわけか年始は家族で百人一首と麻雀をやる慣例があったんですが、さすがに今はやってないわけです。親父は病気してからそういうのが難しくなってしまったし、お袋は麻雀のルール理解してないし。そもそも家族で娯楽に興じるような年齢でもなくなってしまいましたしね。

 まあ、そんな子供のころの記憶を思い出しながら、なんとなくPCで麻雀ゲームをやってました。ニコニコ動画で「麻雀で咲夜さんとレミリアお嬢様に挑戦」なる動画を見て、そのとんでもなさにぶっ飛んだもので。

 運命を操る程度の能力を活かして天和で上がる能力を持つレミリアお嬢様(元のゲームはマ○オ)に、時を操る程度の能力を使って地和で上がる能力を持つ咲夜さん(元のゲームはル○ージ)と麻雀で対決。

 「東一局、開始2秒で半荘終了」
 「トリプル役満」
 「牌配したら即終了、狂気の運命麻雀」
 「なにもできない」


 何この無理ゲー。

 元々のゲームはフリーで遊べる「野性の闘牌 鰻」というゲームで、これのグラフィックと曲を差し替えて東方チックにしてるのですが、キャラクターの特徴が合いすぎ。
 ただ淡々と無理ゲーで麻雀打ちつつ、やっとこさ最後に上がれるってだけの動画なんですが、もう何度みたことやら。


●で、せっかくなのでダウンロードできるところ(このサイトの「DOWNROAD」コンテンツ内「投稿作品その8」)から本体を持ってきて、差し替え用グラフィックをZIP配布してる(動画参照)ので、グラフィックを差し替えて霊夢&魔理沙組で遊んでみました。台詞をいじるにはプログラム本体をいじる必要があるので、脳内補完。

 まあ、元々のゲームが無理ゲーなんですがね。ボーナスステージ扱いのお嬢様とメイド長には勝てるわけもないけど、ストーリーモードのラストステージはさんざコンティニューしてクリアしましたよ。ラストも上がられる点数こそ低いものの、何も出来ないうちに上がられる鬼畜仕様でしたが。

 ゲームとしてはこんな感じ。

   

 誰か全部キャラクターも曲も東方で差し替えて、あまつさえ台詞も即したものに変えて作ってくれませんかねえ? 鬼畜仕様はこのままでいいんで。

 ところで、そもそも「野性の闘牌 鰻」自体いろんな作品のパクパロディなわけで、本来の原作は麻雀漫画「兎-野性の闘牌-」。何でも「麻雀漫画界のHUNTER×HUNTER」と呼ばれるくらい休載が多いらしいですよ。


●元旦はカニを食べました。うまひ。
 ところで去年のニュースですが冷凍カニを凶器にして強盗ってステキすぎる。「カニの先端を警備員ののどをめがけて小突くなどした」とか、いちいち面白い。


メンバー紹介、1月になったので紹介文を天舞から壬鉄に変更しました。見たってや。
 あとちまちま手直しとか。

 
2008.1.6 年の初めの例しとは無関係に  

都内某書店にて面接と筆記を受けてきました。面接はそれなりにいい感じだったんですが(伊達に6年間もエセ本屋にいて、責任者やってたわけじゃない)。

 その……なんだ、筆記が……。

 国語・理数・時事の3種類。国語はまあ余裕、時事はやや胡散臭いものの全部解答欄を埋められたのです。
 でも、数理が、数理がぁ。
 制限時間をフルに使っても埋まった解答欄が半分、さらにそれも「100%正解の自信がある?」って言われたら首を傾げざるを得ないという状況なので、どうなるものやらドキドキなのです。
 これがアウトだと、次は名古屋に本社がある会社の面接予定。こっちに採用されれば引越し確定です。
 前者は5年が満期の契約社員で給料安いけど都内で便利。後者は正社員待遇だけど自宅より通える場所に勤務地なし。果たしてどちらがいいものやら。
 できれば前者に採用されたいなあ……。


●とまあ、それなりに就職戦線を繰り広げている天舞ですが、せっかく都内まで出たし、徒歩で秋葉原に行ける圏内だったので、年明け早々あのヲタの聖地に行ってみました。というより個人的に東方花札十二ヶ月が欲しかったんですよ。あとぱちゅコン!も。

 というわけで面接と筆記を受けたその足で秋葉原のメロンブックスへ。やはり混んでました。コミケ明けだし、覚悟はしていたのですけどね。そして欲しかったものはどちらも売っていないという、このやるせなさ。
 その代わりに幺樂団の歴史の4と5が売ってたのでそちらを買って帰りました。

 例によって例のごとく、レジまでの大行列。壁際の18禁同人ソフトから18禁同人誌を経由してレジ付近の18禁コミックまで並んでレジを受ける、秋葉原メロンブックス混雑時恒例の18禁三昧のレジ待ち列いつ行っても気分が悪くなります。さらに大きなお友達たちがわんさと詰め込まれた地下1階の店内にほのかに漂うかほりも加味されるわけでして。
 毎回、秋葉原に行ってメロンブックスの地下への階段を下りる段階で鬱になり、何か買って出てくるとさらに鬱になるのです。

 だったら行かなきゃいいのに。

 しかし通販とかするのもイヤ(個人情報流出や配送ミス・配送品紛失とかの危険もさることながら、そもそも親兄弟にそんなもん見られたくない)な人なのです。天舞はそれなりに「隠れヲタ(ただし隠れきってない)」人なものなので。
 とはいえ、メロンブックスの通販だと東方花札十二ヶ月は在庫あるんだよなあ。ボードゲーム好きの傾向が近年ことさらに強まった天舞としては、ぜひとも花札は欲しいところなんですが(や、100均で買った花札は家にあるんですけどね)。

 まあ、生粋のボドゲ好きよりは家にボドゲがあるわけでもないんですけどね。ギャザみたいにルールをある程度把握してないと遊べないものは除外して、単体で遊べるものだけでカウントすれば、10種類程度(トランプや花札も含めてたり)ぐらいしか持ってないのですよ。
 それでもFMM内では一番ボドゲ所有数が多いので、天舞の家に来るとボードゲームやカードゲームだけでそれなりに遊びつくせそうです。
 FMM総会を開く際にも重宝してるのです。TRPGと違って、事前準備が要らなくてとても楽なのも魅力(←おい)。

 話は変わるのですが東方三月精は売ってたときに「今はお金が無いからまた今度」と見送っていたら、いまやどこでも見なくなってしまったので困ったものです。第2弾が今月に出る際に店頭に並んでくれないですかねえ。
 大昔は単行本っておいそれと絶版にはならなかったんですが、いまやシリーズものですら容赦なく最初のほうの巻が絶版になってたりして、まさに「あるときに買え、後で買えると思うな」という傾向が強くなっててイヤなのです。本くらい消費物みたいな売り方しないで欲しいんですが、版元とすればそんな悠長なことを言ってられないんでしょう。
 そんな厳しい出版業界、はたして東方儚月抄は単行本になってくれるんでしょうか。天舞は単行本派なので、単行本が出ないとどうしようもないわけで。
 そんな中、東方香霖堂は単行本が出るらしいのですが――どこまで収録されるんだろう? 往年の「火の鳥」ばりに連載誌フィニッシャーなものなので、全話収録とかないような気もする……。


●年末年始特番だらけでテレビはろくなもんやってません。というより特番はもうナシにしようよ? 面白くないんだってば。
 家の一家は「クイズ番組好き、騒がしいバラエティ嫌い、ドラマ見ない」という嗜好なので、特番の種類によってはホントに見たい番組がない状態が発生するのです。
 DVDレコーダーなんかがあれば映画なぞを見たりもできるんでしょうが、数年近く触ってなくて動くかどうか分からないビデオデッキしかないもので。そしてレンタルビデオを借りに行く気もしないわけで。
 結果、とりあえずNHKのニュースか、3チャンネルの教育番組を流し見。だったらテレビ消しとけばいいのかもしれませんけどね。


●年賀状なのですが、ほぼFMMメンバーにしか出してなかったので、大半の人は返事扱いとなります。去年PCぶっ壊れ事件があった関係で、去年の年賀状は超やっつけ手書きだったおかげで、去年誰から貰ったのか、そもそもその方たちの住所はどこか、まったく分からない状況だったもので。
 届き次第、なるべく早く出すようにしてます。松の内過ぎるかもしれませんがご勘弁くださいませ。

 
2008.1.10 考えてー、考えてー  

●ああそうか、前回出かけたときにヴィレッジヴァンガード寄ってくればよかった。
 企画でいかチョコの抹茶を紹介してるなら、チーズも追加で紹介してみようとか考えていたりするのです。

 ――毒されてるなあ。私。

 そして先日秋葉原に行ったとき、この寒空の中イロモノなラムネ・サイダーを売ってるところがあって、その中に巫女さんが描かれたサイダーが置かれてて「へーこんなのもあるんだ、年始っぽいし買ってみようかな」とちらりとでも考えてしまった私がいるわけなのです。

 ――ホント毒されてるなあ。私。

 君子危うきに近寄らずって格言を自分に向けて発したいと思う天舞です。ちなみに私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」と「寝るより楽はなかりけり」。……後者は格言なのか? ちなみに「寝るより楽はなかりけり」は「世の中に寝るより楽はなかりけり、浮世の馬鹿は起きて働く」というものらしいのですがホントかいな?


●とまあ、よく分からない挨拶から始めてみる今夜のFMMコーポレーション。前回の雑記から今回の間までで変わったことといえば部屋掃除をしたくらいという体たらくなので、ネタがなかったりするわけです。
 なんか、ホントに久々にDSのフロントミッション(USN編に入った段階で放置してた)をやり直し、でOCU編2週目で登場キャラクターの能力値全部MAX目指してやるワハハハハなんてことをやってたら目が疲れて疲れて。
 天舞は超インドア派で、本(漫画も小説も含む)読むかPCの前に座っていろいろやるかゲームやるかって活動ばかりなので、どこをどうやっても目が疲れるわけなのです。
 これが仕事していたころなら「PCやゲームで目を酷使するのは休日だけ」という程度で済んでいたものが、いまや1週間にほぼ7日という扱いなわけでして、そして仕事してた頃に比べると視力がさらに悪くなっているような気もするのです。眼鏡かけてても、ちょっと離れると文字とか読めなくなってるし。
 ……それにしてもここ数日の酷使のレベルはひどすぎる。ちょっと自重しよう。


●雑記は過去ログに移行する際、その日付のタイトルをつけるのですが。
 実は全部あとづけ。いちいち過去ログを移す作業のときに移行する雑記を読み直し、タイトルをひねり出すのは割と面倒だったりします。
 ということで日付の下に先にタイトルをつけることにしました。この手のタイトルは「びびっ!」とひらめかないと、至ってフツーなものになってしまうので、過去ログ移行時に「びびっ!」てきた場合は変わってる可能性もあるんですけどね(笑)。

 そういえばこのサイトは、大昔の括りで言うところの「フォント弄くり系テキストサイト」なわけなのですが、いい加減この手のフォント弄くってるサイトって絶滅した感があるわけです。素人っぽさ丸出しですしね。天舞が巡回してるとこだって、せいぜいが強調したいところを太字にするか、色を変えるか。当然ながらそっちのほうがスタイリッシュで美しいわけですよ。
 そう考えると、未だにフォントサイズで4〜7を使ってる絶滅危惧種みたいなこのサイトはどんなもんなんだろうなあ、と思うわけですよ。ほら、これでも一応サイトの管理人ですし。
 送り手としては「強調することで話に視覚的にもメリハリを」とか考えるんですが、読んでる受け手としては「いちいち強調するなよ、押し付けがましい」とかって思うかもしれません。そもそも更新内容によっては「フォント拡大入れる場所がないなあ。でも入れないと見た目が黒い文字だらけで読むのきつくなりそうだし」なんて思いつつフォント拡大を無理やり入れてるときもあったりするわけで。押し付けは迷惑な側面もありますからね。
 第一、一番来訪してる人たちにとって迷惑なのは、フォント云々よりも背景の画像が動いてることだというのも分かってることでして(背景画像が動いてるとCPUに負担がかかる)。
 そういう点をばっさり切るべきか、それとも「それもこのサイトの特徴です!」と開き直るか。

 実際問題、どうなんでしょうねえ。
 もっとも、天舞が「どうすべきか」とうんうん唸って変えてみたとしても、読んでる側は「ふ〜ん。どうでもいいんじゃない?」ってくらいしか思わないものですし。
 ちょっと考えてみよー、と思う今日この頃なのでした。

 
2008.1.13 ドージン・ノーワーク  

●気がつけば、いつの間にやら同人ソフトがどーのこーのという内容がサイト更新に使われるようになったFMMコーポレーション。
 ああ、サイトを立ち上げた当初は、同人誌や同人ソフトなどを売り買いしている世界は天舞の住む世界のはるか向こう側だったはずなんですが。天舞の周囲にはコミケで売ってる側の人だのコスプレ写真を撮りに行く人だのいっぱいいても、それに毒されることなく同人界隈からは離れていたはずなのに。
 いったい何が元凶なんだろうと考えることしばし。

 ……明らかに東方Projectのおかげです本当にありがとうございました。

 まあ天舞は中途半端とはいえオタクですからねえ。どっぷりの線まで行かないが、一般人への復帰も無理そうな、ヲタと一般人の境界をふらふらとさまよってる人なので。これぞボーダーオブライフ(ホントか?)。

 その東方なんですが、休職期間中でさぞかしプレイしまくってるだろうという大方の予想に反し、実際はさしてプレイしてないのです。DVDとかもそうなのですが、天舞はゲームしようと思うと「よし!」って気合を入れないとできない人なのです。「あ〜だりぃ〜ゲームでもすっか〜」という感覚ではできない人なのです。
 特に東方は、やりたい熱がバイオグラフ並に上下するので、プレイしてる期間としてない期間があるわけなのです。

 ということで。

 ・ひぐらしのなく頃に
 ・英雄伝説VI 空の軌跡(FC・SC)
 ・ゲームセンターCX


 未だに完全ノータッチ状態が続いてます。買ってからどれだけ放っといてるんだよ。

 特にゲームセンターCXは、半端にYouTubeとかで見ちゃってるので、見るのにえらく腰が重いのです。余力と時間のある今のうちに消化しといたほうがいいんですけどねえ。


●ところでやたら天舞が欲しがっていた東方花札十二ヶ月は、結局ネット通販を使うことにしてしまいました。まあコンビニで支払えて、さらに局留めならぬお店留めなんてものがあったので、これなら身内に呆れられることもなく、また配送途中に消滅して物が届かないということもないのでちと安心。
 ところで花札花札連呼してると、何故か花札につきもののいかがわしい方面で考えられてしまうかもしれませんが、単純に花札の絵柄に東方のキャラクターが描かれてるだけなのであしからず。てか18禁ものだったら買わないから。

 そういえば、年明け早々秋葉原に出かけたとき、欲しいものがすべからく売ってなかった腹いせに、なんとなく興味を持っていたオモイヨシノなる同人ソフト(ちゅるやさんを描いてる人の作品)を某店にて完全に衝動買いしてしまったのですが、本来の値段なんか知らないで買ったので、非常にぼったくり価格で買ってしまったことを今更ながらに知りちとショック。元値500円のものを1500円出して買うってどんなバカですか!


●TRPGをやってる人には知ってる人もいるかもしれない「クイーンズブレイド」なる対戦型ゲームブック。面白そうなんですが、イラストのコンセプトのせいで18禁にしたほうがいいんじゃないだろうかと思わざるを得ないつくりになってるゲームです。大元はアメリカのロストワールドというゲームブックなんですがね(これはちっとも18禁じゃないが、英語読解力は求められるのでそー言う意味で18禁)。

 さて。

 そのシステムを踏襲して、同人で「シグルイブレイド」なんてのも作られてるらしいです。やたら18禁まがいのイラストが描かれたクイーンズブレイドのキャラクター相手に、日本刀を手にしたシグルイのキャラクターが対戦を挑むシチュエーションはシュールなものがあります。

 ところで、クイーンズブレイドはダメージを受けると、服が破れたりだの際どいポーズを取ったりするなどのイラストが出てくるのですが。
 シグルイブレイドはダメージを受けると、腕が飛んだりだの臓物が飛び出たりだの明らかに致命傷を負った姿のイラストが出てくるそうです。

 やっぱり別の意味で18禁。

 
2008.1.17 ショック道楽  

●何回かここの雑記にて話題にしてる例の花札を買ってみたのですが、あれだけ熱を入れて注文までしたくせに、購入して手にとって見ると、果たして金を払って、あんなに頑張って購入する必要があったかどうか疑問に思う天舞です。軸がぶれてます。

 うーん、絵柄が違いこそすれ結局花札であることには変わりがないわけですし。そして花札はちゃちいとはいえ百均で購入したものを持ってるし。
 衝動買いをしたつもりはないんだけどなあ。購入するかどうか事前に検討する時間が山ほどあったわけだし。
 今更購入に費やした金額と労力と時間を惜しんで後悔してる自分がいるわけですよ。もうちょっと冷静になろう自分。

 そして人として崖っぷちにいることをもうちょっと自覚しよう自分。まだ踏み外すべき領域ではないはずだ!


●で。
 花札以外にもRole&Rollの最新号とか買う必要もあったし、実家の炊飯器もいまいち調子が悪いので、その手のものを一緒くたに探せる秋葉原に。
 わざわざ秋葉原くんだりまで出てきてしまったので、寒風吹きすさむ中、神田明神までふらりと足を伸ばしてお参りに行ってきました。


  

 松の内をとうに過ぎた夕方だというのに、参拝した日が日曜だったからか、それなりに混んでました。年末年始の初詣時期はどれくらい混んでたんだろう?
 軽〜くお参りしてさっさと帰りました。晴れてたけど寒かったし。
 寒かったので甘酒でも……と思ったのですが、1杯350円という都内価格を目にしたとたん飲む気が失せました。高いよ! それだったら酒粕買って家で作るよ!
 しょうがないので駅の構内で掻き揚げそばを食べて帰ってきました。ずるずる。


●ところで天舞はそばが好きだったりするのですが。
 家の弟はそばアレルギーでえらい目にあった経緯があるため、うどんはあってもそばは出てきません。食べたけりゃ自分で用意しなさい、と。
 でも天舞はうどんよりはそばの人なのです。
 ということで時折買ってきては自分でそばを茹でて食べる今日この頃。個人的には冷やして食べる盛りが好きなのですが、冬場はさすがにねえ。

 そういえば、先日初めてメガマックを食べてみました。厳密にはメガトマトなんですが。
 たまたまマクドナルドに立ち寄った際、メガシリーズ第三弾の最終日だったので、更新のネタの足しにはなるだろうどんなものだろうと好奇心がてらに食してみるのでした。

 口の幅に合いませんでした。

 本を読みつつ片手で食べようなどという横着も悪いのでしょうが、まあ中身の脱落が激しいことといったら。
 気がつけばトマトとレタスとパティ1枚があさっての方に飛び出し、手にしていた右手にはチーズがつき、膝の上においていたカバンにはソースが垂れ。

 ……うん。
 天舞には向かない食品だこれは。

 食べ終わった満足感より、何かに負けたような打ちひしがれた気分になりました。
 しかし腹持ちはさすがですな。ポテトとか頼まないで単品で食べたのですが、それで十分でしたよ。

 
2008.1.20 ほっと一息  

職が決まりました。

 ということで、ほぼ半年近く続いた引きこもりニート生活も今月いっぱいで終わりです。そしてやっとこさ本屋さんです。
 まあ契約社員で、かつ給料が前職の半分以下という待遇ではあるのですが。こればっかりはしょうがない。自分で望んで決めたことだし、その辺は致し方ないのです。気負わず頑張るとしますよ。

 まあ本音としては「働かず 昼に起き出す 引きこもり 止めたくもあり 止めたくもなし」みたいな心境ではあるのですが。日がな一日好きなことができて、とことん楽だったし。
 かといって、ひたすら目減りする一方の預金通帳を眺めるのはあまり精神的にいいものでもありませんし。

 しかし決まるまでの間が長かった。面接〜通知が約2週間だったんですが、採用なら連絡あり、不採用なら連絡なしという方法だったので、なかなかかかってこない連絡にじりじりしてました。気が気じゃないというか。特に25日を迎えると、天舞は現状の年齢、十の位にさらに+1される年齢となるので、職探しがより面倒になってくるのです。音の響きが違うからねえ。

 とりあえず書類提出だの手続きだの、また面倒なんでしょうがちゃっちゃと終わらせてしまいたい。

 そういえば地元の神社と神田明神にお祈りに行っているので、ちゃんとお礼参りしないといけませんね。地元は歩いてちょっとのところなのでお礼参りしたのですが。
 買い物の予定もないのに秋葉原に出かけるつもりはないので、月末に単行本がいろいろ出る頃を見計らってお礼に行かねば。
 それから、ヒマであるうちにやりたいことを済ませとくべきかもしれませんね。ゲームとか。


●ここ数日ひたすら寒いのが困り者。灯油ストーブを点けていても、居間は吐く息が白かったりして、「ここは北国か?」なんて思うときもあるのですが、たぶん北国はデフォルトなんでしょうね。北海道とか、マイナス20℃なんて気温だと、布団13枚かけても寒いなんて話をテレビで見ましたし。
 とまれ、寒いとやっぱり外に出る気力も失せるわけですよ。
 特に天舞の趣味はとことんインドアなので、用がなければ外に出る必要もないわけでして。

 地下に自分用の大図書館(+インターネット)とかあったら、たぶんそこから出てきませんよ。なんという紫もやし。

 でもまあ、雪が降るのであれば、寒さも許してもいいとか思う私がいるわけです。積もった雪を眺るのはいいもんですよ。燗の日本酒とか合いますしね。いやあ風流、風流。
 雪見酒としゃれ込むのは素敵なのですが、だからといって「雪降れ! 雪!」なんて言うと、外で働いてる人には致命的なことになりうるのでちょい自重。家の住まいの一角だけ雪とか降りません?(無理)

 
2008.1.23 信仰の山への登頂  

●風神録。

  

 仕事が始まると、のんきにゲームなんぞできなくなってくるので、一日1〜2回くらいを目安にちまちまやってたら。
 Normalをクリアしましたよ。

 Easyでは一回クリアしてるんですが、Normalだとマウンテン・オブ・フェイスまでたどり着いたことがなかったんです。なのでNormalではオンバシラ以降まったくの初見弾幕(Easyでは見てるから、どんな弾幕だかは知ってますけど)。でもここまで到達したんだから、クリアはしたいわけですよ。

 マウンテン・オブ・フェイス突入時は残機1のパワー3.50。
 ボム使い切ったら気合避けだ! 気合避けだ!!

 もうね、弾幕避けてて、頭に血が上ってくるのが自覚できるんですよ。
 集中力をフルに、無理やり使って、で保たなくなってきて、ホントに弾幕避けてるかどうか分からなくなってくるんですよ。
 冗談抜きで手とか震えてくるんですよ。
 集中のし過ぎで、目とかこめかみとか鼻から上の部分が内側から膨らんでるような感覚があるのですよ。
 画面を凝視してるはずなのに、頭に血が上りすぎて、コンマ何秒以下の一瞬、意識が飛ぶんですよ。
 リプレイ見直してみたら、30秒近く気合避けしてました。よくもまあ保ったもんだ。

 人間って、ゲームやるだけでも場合によってはトリップできるのかもしれません(おい)。

 自分のクリアデータリプレイを見返してみても、気合避け中の2〜3回くらいは弾に当たってるような気がするのですが、当たり判定が見た目ほど大きくない弾なのでぎりぎり避けてるんでしょう。ビバ嘘避け。
 まあ正直な話、マウンテン・オブ・フェイスは何故かEasyの方がNormalよりも難易度が高いと巷で評判のスペカなので、EasyクリアできたんならNormalもクリアできるでしょう。ともかくやっぱ霊撃(ボムのこと)は使い惜しみしちゃダメですね。というより2面以降のボスはほぼ全てのスペカに対してボムってるわけですが。


●で、今日は地元にて就職決定のお祝いをしてもらいました。
 まあ友人やら親やら、挙句には行きつけの美容院の人やらにまで「おめでとう」と言われるのですが、自分の勝手で退職した上に手取りは半額以下になるってのを考えるとお祝いなんかしてもらうわけにはいかないんじゃないだろうか、と思ったりもするのです。むしろ罪悪感みたいな。
 大学生が就職内定を貰うならともかく、すでに社会人やってた人間が再就職したことに対してお祝いされると、いったいどれだけNEETだって思われてたんだよって気になるじゃないですか。祝ってもらえるようなことしてないよ!

 かといって、もし仮に「あー転職? 給料減るんでしょ? 失敗じゃね?(藁」とか鼻で笑われると、それはそれでムカツクわけでして。
 我ながらいろいろ難しいですね。

 ともかく飲める機会があるなら飲んでおこう、と美味しくお酒を頂戴いたしました。行ったお店はこちら。梅酒などの果実酒がいっぱいありました。焼酎の種類もいっぱいあったのですが、天舞はあんまり焼酎は飲まない人でしたのでスルー。お酒はよろしかったけど、料理はいまいち。なぜだろう、頼んだ品がハズレばっかだったんだろうか?


プリントアウトしてPCに貼っておくか。
 確かに貼っておきたくなる。

 
2008.1.26 レベルが上がったってことにして下さい  

十の位に+1。

 天舞です。特に言うことはありません。

 あと、外が寒いので前回の雑記を書いてから一度も外出していない件。最高に贅沢なんですが、人としてはどうかと我ながら思わざるを得ない。


●ところで「DQ3の僧侶の日記があった」なるものを某所で見たら、久しぶりにドラクエ3がやりたくてやりたくて仕方なくなってしまいました。
 ということで、今更ながらSFC版をやってる天舞だったりします。
 とりあえず船を手に入れて、オーブを探し回……るのに飽きて、ジパングの洞窟で遊び人を賢者にしたりしてます今日この頃。

 もろにドラクエ世代な人なのですが、まともにドラクエをやったのって4と5だけだったりするんですよね、私。特に3は他人のプレイしてるデータでレベル上げしかしたことがないので、どの辺が序盤でどういう話の流れなのか知らなかったりするのです。ドラクエ4コマとか読んでたので、どんなイベントがあるかは知ってるのにね。
 攻略サイトが欠かせないのですよ。

 そういや私が所属してた大学のサークルは、何故かファミコンが常備してあって、で局員の名前が入ったキャラクターでドラクエ3ができる環境でした。あれは黒生氏が持ってきてたんだっけ?

 しかし、何気に今月の更新を冷静に1日から読み返してみると、空恐ろしいくらいゲームしかしてないですよ。鰻→風神録→DQ3。合間にDSのフロントミッションやり直し&脳トレとか大人の常識力とか。
 こんだけゲーム漬けなのって、正直な話、浪人時代ぐらいなもんです。

 あのころは午前中から夕方までぶっ通しでゲームやってました。SFCの稼働率がハンパないくらい。
 さすがにあれだけ長時間ゲームはできないですよ。今はネット見たり、本読んだり、テレビ見たりってのを含めてですからねえ。

 でも天舞はゲームっ子なんだなあ、と改めて実感。こればっかりは、年齢の十の位に+2〜3されても変わらないような気もします。


●晴れてたので、締め切りっぱなしで空気が悪い自室の窓を全開にして風通し。
 寒かったけど、天気が良かったので、さほど苦ではなかったですよ。

 
2008.1.30 日曜日の夜空にお邪魔虫のタイフーン  

●前回の雑記は書くことに悩んだくらいネタがなかったんですが、今回までの間にやたら外出することが多くて、「引きこもっててネタがないよ」と嘆く必要がないのです。
 かといって、まとめてやってこなくてもいいと思うんですよね。


●とりあえず日曜日に一家で成田山へお参りに行ったら、親父が財布をなくして、ものすごいてんやわんや。

 出かけるときに、カードやら免許証やらが入った財布をズボンの後ろポケットに入れていたはずなのに、いざ成田山でお参りしている段になったら財布がない、と。
 焦る親父、慌てる我が一家。

 落としたのかと思い、車を停めた駐車場まで早足で戻るも、財布はなく。そして車の中にもない。
 警察にも連絡して、財布の落し物が届いてないか確認したものの、やはりない。
 落としたのか、それとも人ごみでスられたのか、まったく判別できません。

 幸か不幸か、無くなったのはあくまで親父の財布であって、家族の生活費が入った財布じゃないのが救い。
 とりあえずキャッシュカードとクレジットカードは即行で止める手続きを行って、参拝どころではなく家に帰ることに。

 しかし車を運転してきた親父は免許証も財布と一緒に紛失してます。帰りも運転すると、警察に見つかったら免許不携帯になってしまいます。
 第一、財布を落として精神的にショックを受けてる人間に運転させるのも危ないし。

 ということで、天舞が運転して帰る。
 ものすごいペーパードライバー(5年間くらい乗ってない。今家にある車を運転したことすらない)だけどな。

 親父のナビのもと、運転して帰りましたが、途中の分岐で間違って木更津方面に出てしまい、そりゃもう訳の分からないルートで帰宅することになりましたよ。カーナビ付いてない家の車、どの道がどこにつながってるかさっぱり分からない天舞一人だったら帰ってこられませんよ。

 で。
 それだけ散々騒いだ財布紛失。
 家にありました(おい)。

 どうも「ズボンはいた→財布入れた→寒いだろうからズボン下もはこう→ズボン脱ぐ→その時に財布を机の上に→それを忘れて出かけた」、ということらしいです。
 まあ、あったならそれでいいんだけどさ……。
 一家全員で安堵の溜息と、今までの心的疲労の溜息を一日中つきっぱなし。


●先日、大学のサークルの新年会に行ってきました。ホント久しぶりだ。
 すでに大半が就職し、休みの関係で土曜日に開催されることが多かったので、前職で土曜に各コーナーの責任者会議があった天舞はほぼ参加できないのでしたが、就業準備期間だったので今回は問題なく参加。
 いろんな人の環境がいろいろと変わっていたのですが、やりとりは昔と何一つ変わらない会でした。いいことだ。


 でも参加者10人中8人くらいがニコニコ動画の割とヘビーなユーザーっぽいのはどうなんだろうか。
 2次会のカラオケの一発目が「男女」なのはどうなんだろうか。
 「らんらんるー!」という奇声が時折聞こえるのはどうなんだろうか。
 「『Help me,ERINNNNNN!!』って歌える?」とかCraw氏が聞いてくるんだがどうなんだろうか。
 まあぶっちゃけ歌えるんだが、それもどうなんだろうか。
 それ以外頑張れば歌えそうな気がするんだがそれもどうだろうか。

 もっとも、大学サークル時代からもともとそんな雰囲気をかもし出していた我々だから別に問題ない(笑)。

 あとは互いにいろんな業界のいろんなぶちまけ話をしてきました。いろいろあるんですね、ホントに。


●しかし「男女」はやたら頭に残る。これは中毒になっても仕方ない。↓男女男男女男女♪

  

 
2008.1.31 オータム・リーフ・フィールド  

連バラという単語を作ってみた。
 2日連続で秋葉原に出かけたという意味。

 用法:私、連バラしてきたんだ!

 や、別にそんなに秋葉原好きっ子じゃないですよ?(説得力なし)

 ……元々は、単行本だとかルールブックだとかを買う予定があったからでして。
 TRPG系のものは地元では入荷状況がよろしくないのでして、そうなると天舞の居住地域から一番近い場所って秋葉原になるのですよ。
 あと、採用の祈願を神田明神にお願いしていたので、お礼参りもしなければなりませんし。

 ということで、まずは神田明神へお参り。さすがに2月も近い平日だと空いてるな。
 そんでもって、リプレイだの何だのと秋葉原で買って帰ったわけなのですが。

 間の悪いことに、帰宅してから炊飯器が故障。
 何だよ空気読めよ炊飯器、出かける前だったらついでに買ってこれたじゃないかよう!

 しかし炊飯器は必需品ですからね。結局、翌日また秋葉原の地へ。2日連続とかありえない。というより、今月秋葉原に行った回数、平均すると週に1回くらい行ってるんじゃないのか?

 ともあれ、石丸だのヨドバシだのを回ってみるわけです。
 家族で使うものなので、1升炊きを探してうろうろ。マイコンだのIHだのの違いはまったく分からないので、フツーに今まで使ってたタイプ(マイコン制御)を買って帰りました。ほら、多機能なのって壊れるの早いような気もするし。

 前職は仮にも家電量販店に居たんだから、調べてってもよさそうなものを。
 でもIHジャー高いの。3〜8万もするの。
 マイコン制御なら1万円くらいで済むの。
 味はIHタイプの方が美味しいらしいのですが、食べ比べたことがないから正直分かりません。こんな風に違うそうです。

 ともかく買って、即日必要なものなので持って帰る。
 えっちらおっちら持って帰ったら、情けないことに腕が筋肉痛になりました。

 どんだけ運動してないんだよ自分! これでも年明けから、身体に負担をかけない程度に腕立て腹筋とか続けてるのに!


●で、秋葉原に行ったときにぱちゅコンを買ったのですが、変に面白いです。内容自体はシンプルなので、すぐ飽きのきそうなゲームだと思ってたんですけどね。

 気が付けば起動して、図書館の防衛に励んでるわけなのですよ。
 なにこの中毒性。

 でも、ちまっこいキャラクターを部隊運用して戦えるのは天舞的にストライクゾーンなのですよ。もちっと細かく動かせれば戦略の幅も広がるんでしょうが、あんまり複雑でもねえ。

 
――Presented by “MIYA Amamai”,and FMM corporation. menu previous next


→TOP
→INDEX